英語版」タグアーカイブ

うめちゃんからの手紙 2017 No.173 グローバルではない一流の美味しいもの。の巻。

うめちゃんからの手紙 2017 No.173

美味しいものオタクを自負するはるちゃん。

うめちゃんからの手紙 2017 No.173

今日もマリちゃんは大事をとって休みました。
風邪も馬鹿にはできないのでそれで正解だと思います。
マリちゃんがいないとすごく寂しいなと実感しました。

はるちゃんとミルクランチの時に夏の思い出話や、9月に私の京都の実家に遊びに来てくれた時の話をしました。
振り返ってみると私達3人は結構美味しいものをいろいろ食べてきたねという話題になり、しっかり写真を撮ってきているからまた3人揃った時に写真を見ながら振り返りたいねという話になりました。
3人で以前から少しずつですが美味しかった食べ物を分類分けしてノートを作っています。
はるちゃんは英語でこの夏に食べたイギリス料理の事をまとめて宿題として提出しました。

はじめおじさんが京都風メロンパンさつまいも入りを焼いてくれていたのでアルバイト先に持って行きました。
女将さんがはじめおじさんの大ファンなので時々はじめおじさんのお菓子をアルバイト先に持って行っているのです。
京都風メロンパンというのは東京で食べるメロンパンとは全く異なる食べ物です。

ちなみに東京の人が思い浮かべるメロンパンを食べたい時はサンライズをくださいと頼めば京都でも買えます。

はるちゃんも京都に来た時に私が何店舗か連れて行きしこたまパンを食べさせたので京都のパンに惚れ込んでいます。
(もちろんまるき製パン所にも連れて行きましたよ!)

姿形は丸い格子模様のマドレーヌを大きくしたようなラグビーボールを半分に切ったような形をしています。
一番の違いは中に白あんが入っている事です。
はじめおじさんの京都風メロンパンは一味違って安納芋が白あんに混ぜ込んであります。
最高です。
メロン要素は全くありません、どちらかというとさつまいもあんぱんといったほうが正しいのかもしれませんが、京都風メロンパンです。

さて11月に入りはじめおじさんの毎日も慌ただしくなってきています。
毎年クリスマスにお世話になった方、以前から贔屓していただいているお客様、そして身内のためだけにはじめおじさんの渾身のクリスマスケーキを作り送り届けています。

事前におじさんが手紙で案内を送り、往復はがきでお返事を頂くようにしています。
11月末までで予約を閉め切ります。
今年は子供も生まれ本当に忙しいのですが、例年と同じくブッシュドノエル、イチゴのケーキ、そして焼き菓子の詰め合わせを作るそうです。

私も力一杯お手伝いをしたいと思っています。
はるちゃん、私のアルバイト先のマスターと女将さんからも予約をいただきました。
嬉しいです。
はるちゃんと女将さんは配達が大変だろうから直接引き取りに来てくれると言ってくださっています。

はじめおじさんはもともと洋菓子のプロなのでケーキを大量に作る事自体は慣れているし大変ではないと言っています。
一番大変なのは都内の各家庭に車で配達する事が一番大変なのだそうです。
そのような理由もあり本当に少数しか作っていないケーキなので食べられる人はラッキーです。

物流、配達のコストやそれに割かれる時間が商売の負担になるとマスターも以前おっしゃっていました。
コンビニコーヒーが喫茶店業界に打撃を与えたのはコンビニチェーンの圧倒的な物量と新鮮な鮮度で豆を効率的に各店へ運べる配送のシステムが大きかったとマスターはおっしゃっていました。

はじめおじさんのケーキはとても美味しくて世界中のどの有名店のものと比べても引けを取らない一流の味だと思っています。

それでも多くの量はつくっていません。
はじめおじさんが作れる量の限界、配達できる距離の限界があるからです。
値段は書きませんがびっくりするくらい安い赤字にならない限界価格で提供しています。
おじさんからの一年の感謝の気持ちを込めたケーキだからです。

参考までに有名店のケーキだと直径18cmサイズのもので2万円前後から3万5千円までするものもざらにあります。

洋菓子の天才とまで言われるはじめおじさんなのですが「洋菓子は趣味だから楽しいと思える範囲内でやってるよ、僕はあくまでもせんべい屋だからね」と言っています。

本当に便利な世の中だとは思うのですが、自ら足を運ばなければ食べられないものや親しくならないと食べられないものが世界にはいっぱいあるという事はとてもロマンチックだなと思います。
グローバルではなくても、世界的に知られていなくても一流のものや人はいっぱいるのです。
そしてグローバル化、効率化という名の下に小商いや少数生産のものは厳しい戦いを強いられ次々に個性が消されていっています。
私はいくら大手フランチャイズが安くて便利でもできるだけ地場のお店で消費をしたいと思っています。

少し大げさかもしれませんが美味しい食べ物との出会いは生きる活力にもなりますし、人生をかけて色々な美味しいものに出会って行きたいなと思いました。

そして前から口すっぱくして言っていますが、イギリス料理が本当は美味しいのだといろんな人に知っていただくには時間がかかるのだなぁと再認識しました。
なかなか美味しいイギリス料理に日本では出会えませんし、極度に観光地なロンドンでは一度の旅行では美味しいお店を見つけるのは至難の技。

でもイギリスのお菓子や、パイ料理などだけでもいいのでもっと認知されていって欲しいと願っています。

うめこ


今日の一曲

十九の春 (沖縄民謡~詞:本竹裕助/補作詞:登川誠仁)

あえてオリジナルではなく登川誠仁さんが歌っているバージョンで!

今日の一枚

 

うめちゃんからの手紙 2017 No.168

うめちゃんからの手紙 2017 No.168

マフラー。体を冷やさない事が大事ですね。

うめちゃんからの手紙 2017 No.168

あっという間に11月ですね。
最近は12月19日からのクリスマス休みを今年はどう過ごそうかはるちゃんとマリちゃんとよく話しています。

魔法学校の寮は休みの間もご飯が3食出るそうなのですが、ほとんどの生徒が休暇中は家族の元に帰るそうです。
今年は夏休みの間中マリちゃんはずっとイギリスにいたので、しょっちゅうイギリスに戻っていては留学している感じもしないし、かといってクリスマスを家族と過ごさないのもあかん気がするしと悩んでいるようです。
国際ポータルの使用申請も出さなければいけないので今週中には決めなければいけないのです。
(魔女なので飛行機に乗らなくてもイギリスまで帰れるのですが未成年なので色々と手続きがあります。)

私も昨年のクリスマスは東京で、お正月は実家で過ごしました。
両親と先日電話で話した際に、もしマリちゃんがイギリスに戻らないのであればよければ京都の実家に連れておいで、みんなで年越しをしたらいいじゃないかと言ってくれています。
私の家のクリスマスはとても大忙しで、毎年サンタさんの下請けのお仕事やソリの手入れなどお仕事でとても忙しいのです。

私が実家に帰れば多少両親のお手伝いもできるのではないかと考えています、ただマリちゃんに泊まりに来てもらっている間に相手をしてあげられないのも失礼かもしれないし、でもマリちゃん一人で観光しても楽しいかもしれないし、そこまで気を使わなくてもいいかなぁとか色々考えていました。
今年のお正月は両親が大阪の家を引き払い京都に戻るということで私も荷物の整理をしたり、滋賀県でも用事があったりと大忙しでした。

マリちゃんが京都まで来てくれるのであればきちんとおもてなしをしたいのですが…来年のお正月は忙しくないといいなぁ。
年末は父と市場まで買い出しに行き一緒におせち料理を作ります。黒豆などは母が味付けをしますが、8割は私と父が作ります。
マリちゃんにおせち料理を作る私の姿を見せてこれぞ日本という、正月に向けての独特な雰囲気を体験してもらいたいなぁという気もします。

それともう1つ、来年から私の東京の使い魔を増やそうと考えています。
私の一族は狐や蛇、猫、ドラゴン、フクロウなどたくさんの使い魔と契約を交わしています。
そのほとんどが自分の家庭を持っていたり山から通勤をしているため全メンバーが揃う事は滅多にありませんが、お正月にはすべての使い魔が揃うのでみんなと顔をあわせる事はとても大事です。
実家に残してきたフクロウのじゅんちゃんが荷物を運んだりカラスなどにも負けずにやっていけそうなくらいまで大きく逞しく育ったそうなので、東京に来てもらいたいなと思っています。
おばちゃんもふくろうを東京の下宿に連れてきてもええよと言ってくれています。

実家に帰ったらその事も両親と相談しなければいけませんね。
猫は未だに使い魔の定番ですが、スマホの台頭でフクロウを連れている魔女や魔法使いはめっきりとその数を減らしてしまいました。

さて東京の話に戻ります。
はじめおじさんとたまえおばちゃんは双子の赤ちゃんと自分たちの予防接種のスケジュールなどであたふたしています。
いろいろな考えの子育てがあるようでおばちゃんのママ友の中にも予防接種は受けさせなくていい派の方たちが何人かいるようで、おばちゃんもどれが正解か分からないと悩んでいました。
少し前にはるちゃんのお母様が遊びに来てお茶をしていた時にもおばちゃんは相談していました。
はるちゃんのお父様がお医者様ではるちゃんの家はすべて予防接種を受けさせてきたそうです。

おばちゃんは周りの先輩魔女や大阪の祖父母の意見を聞いて予防接種をきちんと受けさせることに決めていました。

予防接種の考え方でも派閥があったりママ友たちとの付き合いもかなり大変なのだそうです。
赤ちゃんの両親達は自分の子へ最大限の愛情を注ごうとみんな四苦八苦して色々日夜奔走しているのだと思います、私自身が子育てが来る日が来た時におばちゃん達や私の両親がやってきたことが自分にもできるのだろうかとすごく不安になりました。

もし私の子育てが間違っていると誰かに指摘されたら凹んでしまうだろうし、かといって自分の子育てが100%正解だとは胸を張って言える自信はないでしょうし…子育ては自問自答の連続と精神力が試される毎日のかもしれないと思いました。

今日は以上です。

明日は祭日なのでマリちゃんとHULUで3日から見れるようになるという岩井俊二監督の映画を私の下宿で一緒に見る予定です。

楽しみ。

うめこ

おやすみなさいませ


画伯のつぶやき

ROKUMEI COFFEE

ROKUMEIコーヒーで買った
ブラジル サントゥアリオという豆です。

奈良に行った時にROKUMEI COFFEEで買った(ブラジル サントゥアリオ スル農園 ニューフレーバー)という豆を最近は毎朝飲んでいます。

ROKUMEI COFFEE

焙煎具合も完璧

お店の解説通りナッツ感のある味で甘みもちょうどよく飲みやすく気に入っています。
この豆の前に飲んでいたものが酸味が強い豆だったのでいろいろな個性の豆があって楽しいなぁというワクワク気分で毎朝のコーヒーを楽しんでいます。

ROKUMEI COFFEE公式サイト

今日は以上です。

画伯

うめちゃんからの手紙 2017 No.157 猫から多くを学ぶ。の巻。

うめちゃんからの手紙 2017 No.157

マリちゃんを両国橋まで送った帰り、いつも見えてるスカイツリーが霧で見ない事を思い出すうめちゃん。

うめちゃんからの手紙 2017 No.157

台風が来ていて雨も降っていたのですが、ばっちり今日もヨガ教室に行ってきました。
天気が悪くて来られない人が多かったみたいで、マリちゃんと私、そして門前仲町から通ってはるおばさまだけでした。

マリちゃんは私から電話がかかって来るだろうと寮の部屋で雨具とヨガ用品の準備をすべて整え待っていたそうなので、天気が悪くても誘ってよかったです。

台風21号が来ている今日よりも一昨日の大雨のほうが激しかった気もします。
一昨日の大雨はバイトの帰りが本当に大変でした。
今日は霧雨のような体を芯から冷やす雨でした。

下宿に戻り体を温めまったりしていたら、はじめおじさんがフィナンシェでも作ろうか!と言ってくれたので、ヒロシ、二郎、三郎、マリちゃん、私でフィナンシェ作りました。

フィナンシェを作りながら二郎がヒロシにいろいろな質問をしていました。

ヒロシは少し前から雷門の近くに住む猫の彼女ができました。
なっちゃんという名前の猫で、両方の耳が聞こえません。
白猫でとても綺麗な毛並みと青い目がとても美しいヒロシの彼女です。

二郎はわからないことは何でもヒロシに聞く性格で、「耳が聞こえない彼女と付き合っていて楽しいの?どうやって意思疎通するの?」とヒロシに聞いていました。
三郎は二郎よりちょっぴり大人で周りに遠慮しがちで、思ったことがあっても周りの様子を伺って自分の言葉を飲み込むことが多い気がします。

ヒロシの二郎への返答が秀逸でした。

「二郎ちゃんは言葉をたくさん知っているけれど、実は二郎ちゃんが習っている以上に言葉っていっぱいあるんだよ。口から発する言葉以外にもいっぱいあるんだ。お互いの匂い、顔、態度、オーラみたいなもの、もちろん手紙だってそうだ、それからまた会いたいってさせる気持ちとか、いっぱいいっぱい。一番大事なのはこいつおもろいやん!って相手に思ってもらう事とありがとうって気持ち。にぃちゃんは口を使わなくてもなっちゃんにおもろいって思ってもらえるんだよ。こう見えて大阪代表の黒猫やしね。」

二郎はヒロシに
「そうかー。ヒロシにぃちゃんはおもしろいもんなーでっかいし。でっかくて面白かったら大体の事はうまくいくよなぁいいなぁ。僕と三郎はまだ子猫だからなぁ。5メートルくらいになったら5倍モテるかなぁ…」
と言いました。

はじめおじさんが

「うめちゃんとこはすごいよ。会った瞬間この人達面白い人に違いない、絶対いい人たちだってオーラがだだ漏れだもの。初めてたまちゃんとももちゃんに会った時もおどろいたもの。歩きながら効果音出てるようなコミカルな二人組だったしね。わはは。」と母とたまえおばちゃんに初めて会った時の事を話してくれました。

確かに母とおばちゃんは初対面で二人を同時に見ると思わず吹き出してしまいそうになる気もします。
中にはあまりにそっくりな二人なので、不気味と捉える方もいるかもしれませんが、面白い人だなと捉えてくれる人はきっといい人で面白い人なのやと思います。

フィナンシェが焼きあがった後は、たまえおばちゃんにテレビを操作してもらってHULUでガキの使いをみんなでみました。
(私以外の二郎とか三郎でもApple TVが操作できるのですが、私には操作方法がよくわからず数多にあるおもしろビデオが自由に見れません。)

マリちゃんもHULUに入っているそうで時々ガキの使いは見ていたそうです。

テレビを見るだけでもみんなでそろって見るとすごく楽しいなぁと思いました。

マリちゃんにフィナンシェとマドレーヌをお土産に持って帰ってもらいました。
シンシンちゃんとか他の寮の友達と食べてまったりほっこりしてもらえたらいいな。
マリちゃんは寮のいる時はずっと部屋にこもっているそうなのです。(オンオフ激しい)

寮の近くまでヒロシと私で送っていこうと思ったのですが、マリちゃんが遠慮するので今日は両国橋まで送りました。

いつもは見えるスカイツリーが今日は霧で見えませんでした。
さよならした後にスカイツリーを両国橋の上で一瞥してからいつも下宿に帰っています。
私とマリちゃんの土曜日の夕方のパンクチュエーションです。

スカイツリーを見ないでさよなら、もっとマリちゃんと遊びたいなと欲が出た土曜日でした。

おやすみなさいませ

うめこ

P.S
たまえおばちゃんがアウトドア用品店のポイントカードがたまっていたからと、とても素敵なゴアテックスの帽子を買ってくださいました。
なにかお礼をしたいのやけれど、何がいいのかぱっと思い浮かびません。
とりあえず双子の赤ちゃんの靴下と帽子を編み始めました。


画伯のつぶやき-クッキング編

キユーピー3分クッキング 野菜をたべよう! チャウダーの素

買ってみました。足の先から体が冷えていて、スープを欲していたのです。

ドイツパンとチャウダー

簡単でしたヨ。

タンネで買ったドイツパンを長い事食べずに冷凍したままでした…

今日やっと食べる事ができました。

お昼は!スープスパ。

2食連続は飽きるので、2食目はスープスパゲティーにしました。

軽くバターで炒めたベーコンを入れたらぐっとコクが増し美味しいスープスパゲティーに化けました。

作戦大成功💯


少し前に買った本

掲載されている写真が写真が美しかったのでおもわず買ってしまいました。
品川駅にあるQueens Isetanは食料品の他にも雑貨や料理に関する書籍が充実しているので大好きだったのですが、少し前に書籍は置かれなくなってしまいました…

料理の本はちょくちょく書います。
先週もパスタの本を買いました。
笠原将弘さんや土井善晴さんの本をよく買います。

画伯