画伯の日々」カテゴリーアーカイブ

画伯の雑記 – 2021年9月10日 Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

疲れていても使いたいカメラは…

<h2>Olympus XA / 50D 作例合計20枚</h2>
高校生の頃から狂ったようにコーヒーが好きで、当時から寮の部屋でコーヒーをいれていました。
ふと2021年にもなれば顆粒のインスタントコーヒーも美味しくなっているのでは?と疑念を抱きました。
本当に長い間ハンドドリップばかりできたのに、ここに来てお手軽インスタントに興味を持ってみたのでした。
すると思っていたより美味しかったのです。
ちなみに試したのはダバダーの四角い瓶の最も安い物。
オーガニックやフェアトレードのインスタントコーヒーも並んでいたのですが、それならば最も気軽にお手軽な商品を買うのが正しいと思ったのです。
コーヒーの味は大事なのだけれど、それよりもコーヒーが飲める時間の質が大事で、それが繰り返せる事が尊いのだとも思います。

気合を入れて買ったカメラのトラブルが続き、身軽にフィルムでの撮影を楽しみたい欲が現在最高潮に達しています。
振り返ってみるとOlympus XAと出会ったことでコンパクトカメラでも本当に多くの事が楽しめるのだと、どこにでも気軽に持っていける事がとても大事だと言う事を学びました。
趣味でも仕事でも心の安全マージンのようなものが必要だと最近強く思っています。
最悪な事って結構起こると思うのです。
想像できてしまう最悪な出来事って自分の頭が至極冷静に起こりうる事を分析して出した結果だとも思えるのです。
元気な時のテンションで物事を決断してはいけないと30代でやっとわかってきた気がするのです。
元気な時でも疲れた時でも使えて楽しめるカメラが正義です。


Olympus XA / 50D 作例合計20枚

使用したカメラ:OLYMPUS XA F・ZUIKO 1:2.8 f=35mm
使用したフィルム: Kodak Vision3 50D

Olympus XA F.ZUIKO 35mm F2.8 / Vision3 50D EI200 / Remjet Removal Presoak 30sec, Wash 1min, Dev. 10min51sec, Wash 1min, Blix 6min30sec, Wash 6min, Photo Flo1:250 (41.5°C) (7,8,9)

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2+

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

そろそろC-41の現像液の寿命が来そうなのでECN-2の現像液の準備をしていました。
今回はVision3の50Dを2段増感した作例でしたが、現在はC-41で3段増感のテストをしています。
ECN-2でもC-41でも1段の増感と減感は度々行ってきたのですが、2段や3段のテストはまだ不十分です。
今回の作例である程度50Dの2段増感も使えるとわかったのは大きな収穫でした。
50Dでは1段減感から2段増感までぼちぼち使えるという事がわかりました。
ISO感度で25、50、100、200が選べると考えると春夏の撮影には都合が良いです。
これからの秋冬、250Dと500Tの増感のテスト回数を増やしていく予定です。
1種類のフィルムでどんなシチュエーションでもと言うのは無理かもしれませんが、それでも少ない種類のフィルムで”何とかなれ”ば幾分心穏やかにふらふら歩いていける気がします。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

書籍

画伯の雑記 – 2021年8月24日 Minolta AF-S Quartz Date / シネフィルム各種試し撮り

ミノルタは裏切らへんなぁ〜

Minolta AF-S Quartz Date

今まで色々な会社のカメラを買ってきましたが過去10年はどこの会社でも不良品を掴む事が多く、純粋にカメラを趣味として楽しめなくなってきていました。
原点回帰というわけではありませんが、では10年以上前はどうだったのか?と振り返ってみると10年以上前に使っていたのはミノルタとオリンパスのカメラでした。
10代や20代の頃は今よりは活動的だったのでカメラを丁寧に扱っていたかというと…恥ずかしながら雑に扱っていたような気がするのですが、それでもミノルタやオリンパスのカメラではトラブルはありませんでした。
少し前までオリンパスのAM-100というフィルムカメラがこのサイトでも大活躍していました。
残念ながらプラスチックの経年劣化は避けられずひび割れも修理の限界を超えてしまいAM-100は現在は引退しています。
そこでAM-100に変わるコンパクトカメラを探していたところMinolta AF-S Quartz Dateに出会ったわけです。
自分が初めて買ってもらったカメラもMinoltaでしたし、縁があるようです。
Minolta AF-S Quartz DateはISO感度が自分で設定できるという願ってもないフィルムを自分で巻いている人間にとって都合の良いカメラだったのです。

Minolta AF-S Quartz Date シネフィルム各種作例

使用したカメラ:Minolta AF-S Quartz Date  Minolta Lens 35mm 1:2.8

モノクロはXtolでカラーネガはECN-2で現像しました。


Eastman Double-X 5222 / 作例 10枚

使用したフィルム:Eastman Double-X 5222
使用した現像液:Xtol

Xtol 1:1 / 18°C 12min12sec, Stop Bath, Fixer F96 6min, Wash 6min, Photo Flo (1:200) 30 sec

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

少しずつ引き伸ばし機関連の投資を進めていて、同時進行でモノクロフィルムの撮影本数を増やしていこうと計画しています。
今週もEastman Double-X 5222を3本撮影済みなので時間を見つけて作例を追加していきたいです。

Kodak Vision3 50D / 作例 16枚

Remjet Removal Presoak 30sec, Wash 1min, Dev. 7min42sec, Wash 1min, Blix 7.5min, Wash 6min, Photo Flo1:250 (41.5°C) (22,23,24)

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Dateが発売されたのが1984年の9月と書かれていたのですが、僕よりも年上のカメラです。よくフィルムは昭和っぽく写るとか80年代90年代っぽく写るとか紹介されている事がありますが…50Dで撮影してスキャンしてみればそんな事はない気もします。最近だと昭和感を出そうと後で無意識に寄せていってる人もいるのではないかと勘繰ってしまいます。

ミノルタの歩み

https://www.kenko-tokina.co.jp/konicaminolta/history/minolta/1980/1984.html

(Minolta AF-S Quartz Dateの別バージョン、ミノルタAF-Sトークマンの紹介ページ)

Kodak Vision3 250D / 作例 10枚

Remjet Removal Presoak 30sec, Wash 1min, Dev. 8min6sec, Wash 1min, Blix 8min, Wash 6min, Photo Flo1:250 (41.5°C) (25,26,27)
Remjet Removal Presoak 30sec, Wash 1min, Dev. 9min, Wash 1min, Blix 8min, Wash 6min, Photo Flo1:250 (41.5°C) (28,29,30)(後半6枚)
現像日の異なる2本が混在

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

デート機能があるカメラなのでうっかり日付を入れてしまう事があります。うっかりというか知らない間にONになっている事が多々あり、最近ではボタン電池を抜いてデート機能を無効にして使っています。日付と時刻を設定しても振動か電池の緩みなのかわかりませんが1983年1月1日に何度もタイムスリップしてしまうのです…

Kodak Vision3 250D 1段増感現像 / 作例6枚

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Kodak Vision3 500T / 作例8枚

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Vision3のフィルムをECN-2で処理したものは何ものにも代え発色の素晴らしさがあり、Minolta AF-S Quartz Dateのように安価で売られているコンパクトカメラでも十分に楽しむ事ができました。
下手をすればフィルムと合わせて買っても写るんですよりも安いMinolta AF-S Quartz Dateなのですが、任意のISO感度に設定できるという事で条件によって自分で露出を調整したり、増感や減感を楽しむ事もできるカメラです。
周辺減光は見られますが、絞り込まれた明るい時間帯の作例を見てみますと十分にシャープでピシッと写っています。
安価なコンパクトカメラでISO感度が設定できるというのは本当にありがたいです。
加えてレンズ部にフィルター用のネジが切ってあるカメラなのでお好みでフィルターを追加したりカッコいいフードをつけて活用することも可能です。
35mm F2.8というレンズもなかなか皆さんの琴線にふれるのではないでしょうか?
プラスチックが多く使われているカメラなので気をつけなければいけない点はありますが、とても良いカメラです、これからガンガン使っていこうと思います。

今回はモノクロはXtolでカラーネガをECN-2で現像しました。
現在は久しぶりにC-41現像に戻していてMinolta AF-S Quartz Dateで撮影したVision3のフィルムもかなりの本数をC-41で処理しました。
いずれはECN-2に戻すつもりでいますが、せっかくの機会なのでC-41処理した作例も後日掲載したいと思っています。

今日は以上です。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

画伯の雑記 – 2021年6月13日 Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

C-41で現像していた頃の写真を振り返る その1

Minolta A7 / Double-X 5222 / Xtol

Minolta A7 / Double-X 5222 / Xtol

生来の性格のせいでしょうか、コロナ禍の影響でしょうか、例年に比べ2021年、否2020年からサボりぐせが酷くBroccoli Pressの更新が滞ってしまっています。
一度サボると思考がドミノのようにサボるのに都合が良いように連鎖してしまいダメです。
つまらないなぁクリシェだなぁと感じる事もありますが、自家現像関連の記事を書いている意義としましては、皆さんでもご家庭で簡単に現像を楽しめる事を伝播していく事にあると考えています。
自画自賛にはなりますが自家現像を始めた頃に比べれば色々と上達した気がしています。それに付随して気づいた事も色々出てきました。

C-41の自家現像を始めた事がきっかけでシネフィルムを自家現像するに至、そして今ではECN-2処理まで自家現像で扱えるようになりました。
実はC-41現像を始めた時に最初に投資した低温調理器が先日壊れてしまいました。
壊れてない、きっと自分の使い方がおかしいのかもしれないと疑心暗鬼になりメーカーさんに問い合わせると…危険だとわかり廃棄することになりました。
結局新しい機械を手配するに至りました。
何百本とカラーネガを自家現像してきたのでとっくに償却できてしまっていますが、低温とはいえ熱を発する機械ですから火災などにならず本当に良かったと胸を撫で下ろしました。
自家現像を家庭で行うに際し、ハードルとなるのは廃液処理であったり暗室の確保、そして薬品の管理がすぐに思い浮かぶかもしれません。
ところがカラー現像になると恒温槽のために低温調理器を入れる事になりそこにも危険が潜んでいたのでした。熱を発する機械、それも水につけて使う電化製品であるの異常かないか、要注意です。
何年か続けていると壊れてくるもの、予防措置的に買い替えていった方がいいものが今後出てきて新たな気づきがあるかもしれません。
その際はまたここに記していこうと思います。

Olympus XA / 500T  作例合計35枚

使用したカメラ:OLYMPUS XA F・ZUIKO 1:2.8 f=35mm
使用したフィルム: Kodak Vision3 500T
Remjet Removal Presoak 2min, Wash 3min,  Dev. 3min30sec,Wash 1min,Blix 8min, Wash 8min, PhotoFlo  (38.8°C)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

一番好きなVision3のフィルムは250Dだと度々公言しているのですが、実は500Tも撮影回数が結構多かったりします。
高感度フィルムなのであまり増感する事はな異様な気がします。タングステン光用ですが日中使ったり、減感して楽しんだり。
そして今回の作例にも多い早朝等の撮影では500Tは活躍してくれます。
250Dを増感してEI500で撮影しても問題ないので多くのシチュエーションをカバーできるのですが、旅行に持っていくなら500Tも何本か入れておきたいですね。
タイトルに”C-41で現像していた頃の写真を振り返る その1”と書いたのでまた未投稿のC41の作例も定期的に出していき、ECN-2とある程度比較できるようにしたいと思っています。
次回は50Dの増感と減感の作例を考えてます、交互にECN-2とC-41の記事が出せたらいいなぁ…
編集投稿さぼらないよう頑張ります。
おたのしみに。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

書籍