写真付き」カテゴリーアーカイブ

画伯の雑記 – 2017年9月22日 九官鳥を見るたびに思い出すお店。の巻

あべちゃんの動画を何度も見てしまう…

あべちゃんという九官鳥をご存知ですか?

Youtubeでは結構有名な面白くて賢い九官鳥です。現在は亡くなってしまい、すがちゃんという子に芸が引き継がれていっている様です。

何年も前から何かのきっかけで思い出してはあべちゃんの動画を何度も何度も再生してしまいます。

船はしやの豆チャンの事を思い出す。

なぜふと思い出してしまったのやろうとよく考えてみると…先日京都の船はしやに父の好きなあられを買いに行ってきたからなのかもしれません。

三条大橋のたもとにある船はしやさんの軒先で、少し前まで九官鳥の豆チャンがいつもお店番をしていた事を覚えていたからなのでした。

結構な時間が経っていた。

僕が子供の頃からずっといた気がしたのだけれど。僕が最後に見たのは2007年か2008年頃でしょうか。小学校卒業直後くらいに父とあられを買いに行った時には豆チャンがいた記憶があります。

ディリーポータルさんちょっと見てきてというページでもふれられています。

上記サイトでも2007年の年末にはまだ元気な姿が確認されていたようです。

2008年以降に見たという話は聞かないので、その頃豆チャンも亡くなってしまったのだと思います。

[quads id=1]

画伯の写真アーカイブから

画伯が持ってた一番古い豆チャンの写真

2007年12月21日撮影した豆チャン

僕のパソコンに残っていたので一番古い豆チャンの写真です。フィルムカメラで撮影したものを探せばもしかしたらこれより古いのもあるかもしれませんが、デジカメの画像ではこれが一番古いものでした。

2007年12月21日撮影。 この頃は金魚もいましたね。

水瓶に金魚は凄く絵になる気がします。今住んでいる家の近くでも飼ってらっしゃるお宅があって何枚か写真を撮らせてもらったことがあります。

最近の船はしやでのお買い物

船はしやさんの豆板。僕が一番好きなのがこれ。

福だるま金平糖も最近寄った時に買ってきたのでまた別の日に紹介しようと思います。今回は豆板の写真。お茶にも僕が好きなコーヒーにも合うのですごくすごくお勧めできます。豆板は京都で発展したお菓子なので他にも有名な店はあるのですが、船はしやさんのサイズがちょうどいい感じです。それこそ豆皿においてならべるにも。

今日はここまで

船はしやさんの店舗情報

元々は宇治で茶業を営まれていた船はしやさん。三条大橋では1905年(明治38年)から営業されているそうです。綺麗でシュッとした見やすいホームページです。

店名 本家 船はしや

所在地 〒604-8004

京都市中京区三条通河原町東入ル 中島町112

TEL:075-221-2673

FAX:075-221-2683

営業時間 10:00~20:00(年中無休)

地図

画伯

画伯の雑記 – 2017年9月18日

画伯の日常

朝ごはん

台風が去った後の朝ごはん。

先日母からもらったタダフサの包丁が大活躍しています。今朝はキノコと玉ねぎも炒めました。朝に炒めたきのこを食べるようになったのはイギリスに住んでいた頃から。ベイクドビーンズもあるのですがとっておきの時用に残してあります。缶詰とはいえ賞味期限はキチンと意識してこまめに食べていかなければ…見た目や匂いでわかる食品と違い缶詰はうっかり賞味期限を見逃してしまいがちです。

昨夜の台風であまり深く眠れませんでした。寝ていた時にベランダに置いてあるジョウロが植木の置いてある台から風で落とされ、その音で目が覚めてしまいました。

急いで体を起こし、台風で飛ばされないように色々な物を室内にしまい終えた頃には雨で濡れた足が冷えすっかり頭も冴えてしまっていたのでした。

[quads id=2]


夜空を眺めて

台風が去った後の夜空 肉眼で見るよりもカメラで撮影した夜空の方がずいぶん明るい。

実はレンズキット以外でキャノンのレンズを買うのは初めてでした。

愛着もあり10年ほど前に買ったEOS40Dというカメラを今でも使っています。つい最近、購入時についていたズームレンズが使えなくなり、久しぶりにキャノン純正のEF-S 24mm F2.8 STMというレンズを買いました。17000円弱で買うことができました。もっと早く買っていれば京都でも活躍したのになぁ…

台風が去りました。お昼は雲ひとつないすごく澄んだ青色をしていた空だったのやけれど、すぐにまた雲がやってきて秋空に戻ったのでした。巻積雲という種類かなぁ?それとも鰯雲かなぁ。難しい。

まだ作業が残っているから夜食を食べて。

おうどんが食べたかったのです。善光寺に行った際に買った七味をかけていただきました。

夏の時分はずっと冷麺ばかりだったのやけれど、少し涼しくなり今日はうどんを作りました。でも室温はまだ29度あったりします。

去年よりは幾分体調はいいのだけれど…

去年の今頃は首と肩の張りがひどく顔にまで痛みがきていたのやけれど今年は割と調子がいいのです。去年はあまりに体の張りや神経痛がひどく色々な入浴剤を試したものでした。

それでも良くならずペインクリニックに通ったり。最終的には「エコではないけれど隣の部屋のエアコンと扇風機をつけすごく遠くから部屋を涼しくしてみたらどうだい?」というお医者さんのアドバイスを試してみたところ良くなっていったのでした。その時のお医者さんが言うにはエアコンを使う季節に神経痛や肩こり、三叉神経痛になる人はいるねとおっしゃっていました。熱中症にはなりたくないし、かといってエアコンを近くで使うと体に不調をきたすし、涼しいところに引っ越すわけにもいかないし…もったいないけれど遠くからエアコンを当て部屋を涼しくする方法をまだ続けています。

キャラクターが濃い人たち

去年利用していた薬局とペインクリニックの人たちはすごくキャラクターが濃くいつか作品に登場させたいなぁ。

受付のおねぇさんにクリニックの受付終了30分前だから今度はもっと早く来るようにと初診の日に具合が悪いのにすごくすごく怒られたり、なぜかお医者さんに虫歯がすごくひどく急に痛くなった話から知覚過敏も侮れない痛みだよと熱弁されたり、右半身が不自由な薬局のおじさんに近所の整体〇〇には行ったらダメだよ、今日行ってきた病院に通って色々話を聞いてきた方がいいと強い口調でアドバイスをくれたのでした。とにかくよく話す人たちばっかりだったなぁ。

薬局のおじさんにはこの時以降も親知らずを抜いた後などにお世話になりました。でも親知らずの時も口の中が大変なことになっていたのやけれど、おじさんは変わらず饒舌で色々と僕とお話をして引き止めようとするので大変でした。

以前通っていたいた歯医者さんとそこで働いていた歯科衛生士の方も面白いキャラクターをしていて、自分より文章を書くのが上手な看護師として働く友人にも話した事を思い出しました。

全く患者と話さない歯科医院の思い出

そこの歯医者はとても上手で技術も確かだったのですが、びっくりするくらい商売っ気がない歯科医院でした。定期的に通院してくださいと言わた事も一度もなく、次回はいつ来たら良いですか?と僕から訪ねた際も「また来たくなったら…」とぼそりとそっけなく。

古びた雑居ビルの一室で開業されていて、歯科医師がほぼ全て一人でなんでもやっていて歯科衛生士の方はただにこりと横に立ち僕を凝視しているだけでした。

その歯科衛生士の方はすごく背の低い方で今はではだいぶ減ったメタルの装置で歯列矯正をされていて、装置をむき出しにしてニコニコと笑いながら治療を受ける僕をただじっと見つめていたのでした。先生と同じでこの方ともほとんど最後まで言葉を交わさず…頑張る先生を見守る係的な歯科衛生士さんといった感じでした。

歯科衛生士の方が背の低い方だったのもありますが、歯科医院の受付のカウンターの設計が全く合っておらずお金を払う際いつも顔半分しか見えなかったのも印象に強く残っています。魔法使いとホブゴブリンがやっている歯医者だったのかもしれません。狐につままれたような、そんな歯科医院での体験でした。

顧みないもので…

今年は去年と違い体調もよかったのですが、調子に乗って歩きに歩いていたからなのか先週くらいから足底筋膜炎になってしまい今日は家でおとなしくケアに徹していました。

調子が良くなっては痛くなるまで何かをしてしまう、これの繰り返し。改めなければ。

 

画伯


僕の家にはこれがストックしてあります。結構甘いです。万人受けはしないかもしれないです…イギリスに住んでいた時はスーパーのプライベートブランドのものなどをよく使っていたのですが日本で手に入るベイクドビーンズの種類には限りがありハインツの物がメジャープレーヤーのようです。

初めてキットレンズ以外のキャノンのレンズを買い使っています。10年選手の僕の40Dですがオートフォーカスなども遜色なく動き快適です。1000万画素なので僕のこれまた頑張っている8年選手のMacProでもサクサク編集できるのでベストな組み合わせなのかもしれません。
この投稿の写真も全てこのレンズと40Dで撮影しました。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

画伯の雑記-家族内わらしべ長者の巻。

母がペリカンのパンを好きなので気が向いたときに実家に送っています。

ジャストフィット!写真に写っているのは1.5斤のものです。この時は87%くらいのフィット感だったので隙間にミニきゅうりを詰め隙間を埋めました。

ヨドバシの通販の箱や、僕がパストリーゼや洗剤を買う業者さんが使っている箱がほぼ毎回ジャストフィットです。テトリスをしているみたいで楽しい。

妹にパンを送った時はアイスクリンに化けた!

妹は母と好みが違いモンシェールのパンが好きで、以前妹にモンシェールのパンを送った時はベンアンドジェリーズのアイスクリームに化けました。

とても立派な箱ですが7割くらいはドライアイスでした。

チェリーガルシアx2、バニラx2、チョコレート&ナッツx2でした。

3ヶ月くらい母にパンを送り続けたら今月なんとパン切り包丁に化けました。

包丁工房タダフサというところのものだそうです。ちなみにまな板はエストニアに旅行に行った際に2000円ほどで買い求めたものです。

波刃の部分が片側からだけなのでおそらく右利き用を想定しているのだとは思いますが、左利きの僕が使っても遜色はありませんでした。

柴田文江さんという女性の方がデザインしたパン切り包丁だそうです。タダフサが作られている他の包丁には左利き用の片刃のものがあるようなのですがパン切り包丁にはあるのかは確認できませんでした。母が少しだけ使ったお下がりに右利き用をくれたのだと思います。特に問題はなく左手で使っても綺麗に切る事ができました。

以前僕も中川政七商店で見たことがありました。

最近テレビか何かで紹介されたらしく、現在ではビックリするくらい定価より高い値段で販売されるようになっているそうです… 3万円も出すとなると越品のダマスカス鋼のとても美しい模様のパン切り包丁も圏内に入ってくるので難しいですね。タダフサのものでも越品のブレッドナイフでも一度買ったらほとんど買い換えることがないくらい長持ちするものなので、最初にいいものを買っておくのは正解です。

美大時代から右利き用しか所有していなかったので右でフィスカーのハサミを使い続けてきたとこり…つい最近手にいれた左利き用のハサミを左手で使うよりも右利き用のハサミ右手で使う方が具合がいいのです。適応力って不思議。



レファレンス

モンシェールを僕が買いに行った時の記事

柴田文江さんの公式サイト

庖丁工房タダフサ公式サイト・直営オンラインショップ

フィルカースのハサミを色々取り扱ってらっしゃるお店

ベンアンドジェリーズ