シネフィルム」タグアーカイブ

画伯の雑記 – 2021年9月10日 Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

疲れていても使いたいカメラは…

<h2>Olympus XA / 50D 作例合計20枚</h2>
高校生の頃から狂ったようにコーヒーが好きで、当時から寮の部屋でコーヒーをいれていました。
ふと2021年にもなれば顆粒のインスタントコーヒーも美味しくなっているのでは?と疑念を抱きました。
本当に長い間ハンドドリップばかりできたのに、ここに来てお手軽インスタントに興味を持ってみたのでした。
すると思っていたより美味しかったのです。
ちなみに試したのはダバダーの四角い瓶の最も安い物。
オーガニックやフェアトレードのインスタントコーヒーも並んでいたのですが、それならば最も気軽にお手軽な商品を買うのが正しいと思ったのです。
コーヒーの味は大事なのだけれど、それよりもコーヒーが飲める時間の質が大事で、それが繰り返せる事が尊いのだとも思います。

気合を入れて買ったカメラのトラブルが続き、身軽にフィルムでの撮影を楽しみたい欲が現在最高潮に達しています。
振り返ってみるとOlympus XAと出会ったことでコンパクトカメラでも本当に多くの事が楽しめるのだと、どこにでも気軽に持っていける事がとても大事だと言う事を学びました。
趣味でも仕事でも心の安全マージンのようなものが必要だと最近強く思っています。
最悪な事って結構起こると思うのです。
想像できてしまう最悪な出来事って自分の頭が至極冷静に起こりうる事を分析して出した結果だとも思えるのです。
元気な時のテンションで物事を決断してはいけないと30代でやっとわかってきた気がするのです。
元気な時でも疲れた時でも使えて楽しめるカメラが正義です。


Olympus XA / 50D 作例合計20枚

使用したカメラ:OLYMPUS XA F・ZUIKO 1:2.8 f=35mm
使用したフィルム: Kodak Vision3 50D

Olympus XA F.ZUIKO 35mm F2.8 / Vision3 50D EI200 / Remjet Removal Presoak 30sec, Wash 1min, Dev. 10min51sec, Wash 1min, Blix 6min30sec, Wash 6min, Photo Flo1:250 (41.5°C) (7,8,9)

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2+

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 50D 2段増感 / ECN-2

そろそろC-41の現像液の寿命が来そうなのでECN-2の現像液の準備をしていました。
今回はVision3の50Dを2段増感した作例でしたが、現在はC-41で3段増感のテストをしています。
ECN-2でもC-41でも1段の増感と減感は度々行ってきたのですが、2段や3段のテストはまだ不十分です。
今回の作例である程度50Dの2段増感も使えるとわかったのは大きな収穫でした。
50Dでは1段減感から2段増感までぼちぼち使えるという事がわかりました。
ISO感度で25、50、100、200が選べると考えると春夏の撮影には都合が良いです。
これからの秋冬、250Dと500Tの増感のテスト回数を増やしていく予定です。
1種類のフィルムでどんなシチュエーションでもと言うのは無理かもしれませんが、それでも少ない種類のフィルムで”何とかなれ”ば幾分心穏やかにふらふら歩いていける気がします。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

書籍

画伯の雑記 – 2021年6月13日 Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

C-41で現像していた頃の写真を振り返る その1

Minolta A7 / Double-X 5222 / Xtol

Minolta A7 / Double-X 5222 / Xtol

生来の性格のせいでしょうか、コロナ禍の影響でしょうか、例年に比べ2021年、否2020年からサボりぐせが酷くBroccoli Pressの更新が滞ってしまっています。
一度サボると思考がドミノのようにサボるのに都合が良いように連鎖してしまいダメです。
つまらないなぁクリシェだなぁと感じる事もありますが、自家現像関連の記事を書いている意義としましては、皆さんでもご家庭で簡単に現像を楽しめる事を伝播していく事にあると考えています。
自画自賛にはなりますが自家現像を始めた頃に比べれば色々と上達した気がしています。それに付随して気づいた事も色々出てきました。

C-41の自家現像を始めた事がきっかけでシネフィルムを自家現像するに至、そして今ではECN-2処理まで自家現像で扱えるようになりました。
実はC-41現像を始めた時に最初に投資した低温調理器が先日壊れてしまいました。
壊れてない、きっと自分の使い方がおかしいのかもしれないと疑心暗鬼になりメーカーさんに問い合わせると…危険だとわかり廃棄することになりました。
結局新しい機械を手配するに至りました。
何百本とカラーネガを自家現像してきたのでとっくに償却できてしまっていますが、低温とはいえ熱を発する機械ですから火災などにならず本当に良かったと胸を撫で下ろしました。
自家現像を家庭で行うに際し、ハードルとなるのは廃液処理であったり暗室の確保、そして薬品の管理がすぐに思い浮かぶかもしれません。
ところがカラー現像になると恒温槽のために低温調理器を入れる事になりそこにも危険が潜んでいたのでした。熱を発する機械、それも水につけて使う電化製品であるの異常かないか、要注意です。
何年か続けていると壊れてくるもの、予防措置的に買い替えていった方がいいものが今後出てきて新たな気づきがあるかもしれません。
その際はまたここに記していこうと思います。

Olympus XA / 500T  作例合計35枚

使用したカメラ:OLYMPUS XA F・ZUIKO 1:2.8 f=35mm
使用したフィルム: Kodak Vision3 500T
Remjet Removal Presoak 2min, Wash 3min,  Dev. 3min30sec,Wash 1min,Blix 8min, Wash 8min, PhotoFlo  (38.8°C)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

Olympus XA / Vision3 500T / C-41 (2020年撮影)

一番好きなVision3のフィルムは250Dだと度々公言しているのですが、実は500Tも撮影回数が結構多かったりします。
高感度フィルムなのであまり増感する事はな異様な気がします。タングステン光用ですが日中使ったり、減感して楽しんだり。
そして今回の作例にも多い早朝等の撮影では500Tは活躍してくれます。
250Dを増感してEI500で撮影しても問題ないので多くのシチュエーションをカバーできるのですが、旅行に持っていくなら500Tも何本か入れておきたいですね。
タイトルに”C-41で現像していた頃の写真を振り返る その1”と書いたのでまた未投稿のC41の作例も定期的に出していき、ECN-2とある程度比較できるようにしたいと思っています。
次回は50Dの増感と減感の作例を考えてます、交互にECN-2とC-41の記事が出せたらいいなぁ…
編集投稿さぼらないよう頑張ります。
おたのしみに。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

書籍

画伯の雑記 – 2021年4月8日 Minolta α-7 / Vision3で桜を撮る。 (ECN-2 自家現像)

今年もMinolta α-7で桜を撮った。

今年もMinolta α-7で桜を撮った。
春になると毎年Minolta α-7とTamronのマクロレンズを持ち出し桜を撮影している気がします。
気候が変動しているからか、3月末だというのに真夜中に暑さからくる寝苦しさで覚めた日がありました、ふと温度計に目をやると25度を指していました。
桜といえば入学式や入社式、新年度の始まりのイメージがある花でしたが昨今では卒業式には咲いていて、場合によっては散っている可能性も出てきました。
現在この記事を早朝に書いているのですが4月上旬の東京都内だというのに目の前の温度計は26度を指しています。
他の部屋の温度計も24.5度を指しており今居る部屋だけが暑くなってきている訳では様です。
昔は季節や花から名前をつけない方が良いと言われた気がしますが、今の時代はよくわかりませんね、季語も曖昧になってきた感じがします。
近所の公園に至っては夏以外の季節にひまわりが咲いていますし、椿も色々な品種が今はあり桜の後に咲き紫陽花の頃まで咲いていたりと様々です。

今年はECN-2でVision3をする様になって初めて桜の撮影をしました。
昨年まではC-41で全て処理していたのですが、それでも満足していましたが、やっと念願叶いました。
もう少し時間に余裕があれば条件を変えてもっと撮影したかったのですが、増感も混じりましたが持っているカラーネガのシネフィルムを全て試す事ができたので良いでしょう。


覚書

使用したカメラ:Minolta α-7
使用したレンズ:AF ZOOM 24-50mm F4 とSP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1
現像日等が異なるため現像データは省略 全てECN-2 (41.5°C)で自家現像

(最初に投稿したデータに誤記があったため、2021年4月10日に表記に誤りがあったものを削除しました。)


使用したフィルム:Kodak Vision3 50D  作例6枚

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

使用したフィルム:Kodak Vision3 250D 1段増感 作例6枚

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

使用したフィルム:Kodak Vision3 500T 作例6枚

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

物差し的にある程度同じ被写体や場所で定期的に撮影する様にしています。

ハービー・ピーカーのドキュメンタリーでNYで暮らす日常にも自然が溢れていて色々な動物もいて楽しいとそんな感じの事を話すシーンが終盤あたりであった気がします。
同様に東京も公園であったり炉端に色々な草木が植えられ季節を問わず花を見る事ができます。
ぼんやりと過ごしていてもふとした時に季節の違和感を感じたりもします。
毎年同じ様に桜を撮影していたつもりでしたが、写真に撮ってみて意識できた変化も多くあるもので楽しいです。
散ってしまってから思ったのですが、本当はDouble-X 5222でも桜を撮影しておくべきでした。
来年まで覚えておいて来年はモノクロでも桜を撮影したいです。

Memo:Minolta α-7の撮影データ書き出し機能を活用しているのですが、数字を飛ばして読んでいたため撮影データ等に誤りがありました。
該当する作例を削除しました。
うっかりWRITEとFORMATボタンを同時に押してしまったためデータの誤記があったことに気づくのに時間を要しました。

今日は以上です。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク