水彩画あり」カテゴリーアーカイブ

うめちゃんからの手紙 2017 No.149

Bonnaroo Music & Arts Festival

うめちゃんからの手紙 2017 No.149

うめちゃんからの手紙 2017 No.149

今日はアルバイト先のマスターと女将さんから福砂屋のカステラを頂いてしまいました。

はじめおじさんの焼き菓子などをたまにアルバイト先に持っていくのですが、それがとても好評で女将さんから「いつももらってばかりで悪いから」とお返しで頂いてしまいました。

おじさんはプロのフランス料理人としてフランスの田舎で10年、そしてパリで洋菓子職人として5年、帰国後も日本の実家のお煎餅やさんを継ぐまで料理人として都内のお店で働いていました。

現在は家業のお煎餅屋を継ぎ毎日お煎餅を焼いています。

今でも先生として教えに行ったり、フランス語の料理関連の本の翻訳、昔勤めていたお店の常連さんのお宅に出張料理人として料理を作りに行ったりと色々なお仕事をされています。

お煎餅屋さんのお仕事はお年寄りのお客様が多く、朝が早いです。

3時以降はお客さんがほとんど来ないので、3時以降は配達のお仕事などを済ませた後はお菓子を焼いたりせんべい屋さん以外のお仕事を主にされています。

実はおじさんは食べ物を作るお仕事のキャリアは凄く長いのですが、家業のせんべい屋さんのキャリアは短いのです。

ご両親からせんべい作りを数年間教わった後、
「はじめは筋がいいからもう一人でやっていきなさい。私とお父さんは今から旅行したり青春したり犬を飼ったり老後を楽しむから!後は一人で頑張れ!」
とお母様から告げられ、おばちゃんとおじさんに家を引き渡し、ご両親は他の場所に引っ越してしまったそうです。
(はじめおじさんはお父様が魔法使いでお婿さんだったので、お父様はお父様で魔法使いとして実家の土地を継ぐためにお母様と引っ越し実家に戻ったのだそうです。実家の土地を継ぎ家督を息子に譲ったわけです。)

孫の様子を見にきたり一緒にご飯を食べによく会いに来るのですが、おじさんの作るせんべいや料理には美味しいとしかコメントしてくれないそうです。

おじさんは「改善できるところが無いか、もっと色々教えて欲しかった」といつもぼやいています。

おじさんのお母様やお父様が言うには「職人の道とはそういうものだし、親子だからといって同じ味を継ぐ必要も無ければ手取り足取り教える義理も無い」と言っていました。
おばちゃんは、おじさんは本当に腕が良い料理人なのやけれど凄く小心者なところがあるからもう少し自信を持って欲しいという親心なのだと思うと言っていました。

はじめおじさんの気持ちは凄く良くわかります。

料理やお菓子を作って人に出してお金を得るという行為、凄い緊張感と責任が常に伴います。
答えがわからなくなってしまう不安です。

私も仕事でコーヒーをいれていて、美味しいコーヒーがいつもいれられているか、よく不安になります。

どんなお仕事でも責任が問われるでしょうし、いろいろな不安が付いて回る緊張感があるのでしょうね。

洋菓子職人といってもとても奥が深く、フランス以外にもドイツやポルトガルなど他のヨーロッパ各地に有名なお菓子が色々あります。
おじさんは色々なお菓子を作れるのですが、カステラのご先祖パオデローやバウムクーヘンなどは作りません。
充実した調理設備があるはじめおじさんの仕事場ですが、さすがにバウムクーヘンを焼くための設備はありません。
ごくたまにカステラを焼く事もあるのですが、おじさん自身は福砂屋のカステラが一番好きなのだそうです

おじさんにとって自身の子供時代の思い出が強く残っている食べ物はあまり自分ではつくらないそうです。

おばちゃんが得意なお菓子もあって、それらもおじさんが作らないお菓子に含まれています。

おじさんにとって美味しいものとは、記憶に残る味だったり思い出に強く残っている楽しい味と表現できるものなのだそうです。

おじちゃん流のオリジナルへのリスペクトなのやとか。

福砂屋やとらやの羊羹などザ定番!といったお菓子がおじさんは大好きみたいです。

おじさんは子供のころ、どうしてもせんべい屋の倅という事で余ったせんべいばかりがおやつだったそうで、せんべい以外の甘いお菓子への憧れは小さい頃から強かったのだそうです。

たまに知り合いの方が持ってきてくれる福砂屋のカステラや羊羹に目を輝かせ大喜びしていたそうです。

産後おばちゃんは色々と体調の変化があったらしく少しずつ食べ物の好みなども変化した気がすると言っています。

それでもおばちゃんは今までと変わらずすごい肉食です。

電話帳みたいに大きなお肉をペロリとたいらげます。

おばちゃんの一番の悩みは産後に髪の毛が薄くなった事だそうです。

私もおじさんもそこまで薄くなってないとおばちゃんに言うのですが、おばちゃんは手ぐしを通した時に明らかに違うしボリュームがなくなったと気にしています。

おばちゃんは以前はあまり帽子をかぶる人ではなかったのですが、おじさんがコレクションしているバンドや面白いロゴのベースボールキャップをよくかぶるようになりました。

最初は髪の毛のボリュームが減った事を気にして被っていたみたいですが、いろんな人に似合っていると言われまんざらでも無いようです。

家の中で帽子をかぶっていると祖父母に凄く怒られるという話題になり、ふと大阪の祖父母が恋しくもなったりした午後でした。

はじめおじさんとたまえおばちゃんの近況報告でした。

P.S

大阪の祖父母はマナーにうるさく、室内で帽子をかぶっていたり、テーブルマナーが悪いと凄く怒ります。

うめ


画伯のつぶやき

大好きな横浜の洋食屋。

センターグリルの上ランチ。

先日横浜に行った時にセンターグリルに行き、上ランチを食べてきました。

子供だったらワクワクして歌いながらお店に向かう事まちがいない楽しい洋食屋さんです。

空想でおいしそうな洋食を描いてみて!と言われて描いたような、美味しくて、楽しくて、ワクワクするものがタップリのったランチ。

センターグリル公式サイト

 

梅子と僕-2014年8月31日

地元に帰ってきて気がついたことは、玄関の前に朝顔が並んであるお家がめっちゃあるということだ。の巻

梅子と僕2014-8月31日無事京都に戻りました


画伯のつぶやき

毎年この季節になるといろいろなことを思い出します。ギャラリーをやっていた時のことや一時期やたら銭湯にはまっていて会いに来てくれた知人や友人を誘って頻繁に銭湯に行っていた事とか。

僕の夏をやたらセンチメンタルにしてしまうものを挙げるとすればなにやろう…毎年この時期にまだ咲いているひまわりを見つけると思わず写真に撮ってしまいます。そして何年か前に有人だった子が長野県で撮影したという一面に広がる風で揺らぐコスモス畑の動画をふと思い出す。ひまわりとコスモスが同時に咲いている9月6日。

奈良線の緑色を見るたびに抹茶ソフトとバウムクーヘンが好きだった有人と一緒に行ったおかるの事を思い出します。

どこかでタイミングをみつけて愛知県の奈良美智さんと安西水丸さんの展示を見に行きたいなと思っています。時間が確保できれば奈良まで足を伸ばしおちゃのこへかき氷を食べに行きたいなぁ。そしてもちろんおかるにもお好み焼きを食べに行きたい。あのうめちゃんより大きなカッポレの魚拓はまだあるのやろうか。


今日のBGM

フジファブリックの若者のすべて、以前は全く聞かなかった類の曲なのやけれど、不思議とおっさんになってから聞くようになった曲です。

青春や恋愛や失恋、いろんなテーマの曲や小説はあるのやけれど、その真っ只中にいるときは以外と触れる事がなかったりするもので、夏が終わりになり秋になるにつれ夏を惜しみ夏っぽさがある曲を聴いてしまうのかもしれないです。夏っぽさも残しつつあぁ夏よさようならという感じの曲でやっぱり聴いてしまう。誕生日のあの子は元気にやっているやろうか、楽しく毎日すごしているやろうか、元気でやれよ。僕はまだ東京で頑張っているよ。

お誕生日おめでとう。素敵な一年にしてください。あの夏は色々本当にお世話になりました、ありがとう。本当に楽しくて素敵な経験ができた夏でした。


前回の「梅子と僕」を読む


「梅子と僕」で一番最初から使い続けている絵日記帳です。(JL-46を梅子と僕では使っています。それ以外にも45と47があります。線の幅、一ページ二日等の違いがあります。要注意!)

画伯は裁断機で糸綴じ部分を切り落としてから使用しています。裏表がある気がします、少しだけ紙の面の水彩絵の具の定着具合が違う気がしています。時間があるときに細かく研究してみたい。


梅子と僕-2014年8月30日

慣れてしまわないという事もいいことなのだ、小さなことでドキドキする、これはすごく幸せなことなのだの巻。

梅子と僕2014-8月30日フェリーのビュッフェにて

梅子と僕2014-8月30日フェリーのビュッフェにて


画伯の写真アーカイブと取材時の思い出話。

カツドン

2013年にオレンジフェリーのビュッフェで食べたかつ丼。

2013

2013年乗船時のオレンジフェリーのペーパーカップ

オレンジフェリーは何度も利用しているのですが乗るたびにワクワクしてしまい一通り船内を探検して歩いたり写真を撮ってまわったりと毎回忙しく過ごしてしまいます。

ビュッフェのメニューをいつか全部制覇したいなぁと夢見ても現実には厳しいやろうなぁと寂しい事がすぐ頭に浮かんでしまって、でも絶対また乗ってやる!と心に誓ったり。

この取材時は旧知の元同級生と瀬戸内国際芸術祭に行った時でした。その時は客室を押さえていた事もありゆっくり船内を探検し、船内の大浴場と併設されていたサウナも利用する事ができました。

楽しいフェリー旅だったのですが…この時ずっと大事にしていた白いシャツをうっかり船内に忘れてきてしまいその後の旅行先で服が足りなくなり困った思い出も。でも先々でコインランドリーなどを利用し洗濯していたのでなんとかなりました。

ところが僕ではなく友人が最終日の前日にズボンが破けてしまい急遽服を買いに走ったりと服にまつわるトラブルが僕と友人に起きた旅でもありました。旅行にはあまりいい服を着て行かないほうがいい法則ってやっぱりあります。


僕が毎年買っているフェリーの本です。オススメ

実は今年もフェリーに乗れたのです。

後日機会を見つけて書こうと思っているのですが、2017年はフィンランドーエストニア間のViking Lineというフェリーに乗る事ができました。国境を船で超えたのは釜山港から博多港以来です。2時間30分の船旅でなんと往復30ユーロ弱でした。(季節、予約人数により変動します)値段の安さに驚きました。(フィンランドとエストニアのカフェを巡った記事を公開しています。)

日本語でもフェリーのチケットが予約でき簡単でした。うっかりパスポートを忘れそうになるくらい気軽でした。

Direct Ferries

乗船したViking Lineの公式サイト

Viking Lineの売店でかった愛犬へのおみやげ。フェリー会社のゆるキャラのお菓子詰めのリュック。

Viking Lineのゆるキャラ

乗船手続きの始まる少し前に写真の後ろに写っているステージでViking Lineのマスコットのダンス?のようなパフォーマンスがありそのあと記念撮影会がありました。なんというか日本のイオンなどで行なわれている類のイベントと全く同じですごく親近感を覚えました。


前回の「梅子と僕」を読む


名作選

初めてうめちゃんと画伯がフェリーで本州から四国に渡ったときの日記

うめちゃん達が鶴子さん太郎くんとフェリーに乗った際の日記


オレンジフェリー公式サイト