MINOLTA AF 50mm F1.7」タグアーカイブ

画伯の雑記 – 2021年4月8日 Minolta α-7 / Vision3で桜を撮る。 (ECN-2 自家現像)

今年もMinolta α-7で桜を撮った。

今年もMinolta α-7で桜を撮った。
春になると毎年Minolta α-7とTamronのマクロレンズを持ち出し桜を撮影している気がします。
気候が変動しているからか、3月末だというのに真夜中に暑さからくる寝苦しさで覚めた日がありました、ふと温度計に目をやると25度を指していました。
桜といえば入学式や入社式、新年度の始まりのイメージがある花でしたが昨今では卒業式には咲いていて、場合によっては散っている可能性も出てきました。
現在この記事を早朝に書いているのですが4月上旬の東京都内だというのに目の前の温度計は26度を指しています。
他の部屋の温度計も24.5度を指しており今居る部屋だけが暑くなってきている訳では様です。
昔は季節や花から名前をつけない方が良いと言われた気がしますが、今の時代はよくわかりませんね、季語も曖昧になってきた感じがします。
近所の公園に至っては夏以外の季節にひまわりが咲いていますし、椿も色々な品種が今はあり桜の後に咲き紫陽花の頃まで咲いていたりと様々です。

今年はECN-2でVision3をする様になって初めて桜の撮影をしました。
昨年まではC-41で全て処理していたのですが、それでも満足していましたが、やっと念願叶いました。
もう少し時間に余裕があれば条件を変えてもっと撮影したかったのですが、増感も混じりましたが持っているカラーネガのシネフィルムを全て試す事ができたので良いでしょう。


覚書

使用したカメラ:Minolta α-7
使用したレンズ:AF ZOOM 24-50mm F4 とSP AF 90mm F/2.8 MACRO1:1
現像日等が異なるため現像データは省略 全てECN-2 (41.5°C)で自家現像

(最初に投稿したデータに誤記があったため、2021年4月10日に表記に誤りがあったものを削除しました。)


使用したフィルム:Kodak Vision3 50D  作例6枚

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 50D / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

使用したフィルム:Kodak Vision3 250D 1段増感 作例6枚

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 250D 1段増感 / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

使用したフィルム:Kodak Vision3 500T 作例6枚

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

Minolta A7 / Vision3 500T / ECN-2 自家現像 / 桜の撮影

物差し的にある程度同じ被写体や場所で定期的に撮影する様にしています。

ハービー・ピーカーのドキュメンタリーでNYで暮らす日常にも自然が溢れていて色々な動物もいて楽しいとそんな感じの事を話すシーンが終盤あたりであった気がします。
同様に東京も公園であったり炉端に色々な草木が植えられ季節を問わず花を見る事ができます。
ぼんやりと過ごしていてもふとした時に季節の違和感を感じたりもします。
毎年同じ様に桜を撮影していたつもりでしたが、写真に撮ってみて意識できた変化も多くあるもので楽しいです。
散ってしまってから思ったのですが、本当はDouble-X 5222でも桜を撮影しておくべきでした。
来年まで覚えておいて来年はモノクロでも桜を撮影したいです。

Memo:Minolta α-7の撮影データ書き出し機能を活用しているのですが、数字を飛ばして読んでいたため撮影データ等に誤りがありました。
該当する作例を削除しました。
うっかりWRITEとFORMATボタンを同時に押してしまったためデータの誤記があったことに気づくのに時間を要しました。

今日は以上です。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

画伯の雑記 – 2020年11月8日 Minolta α-7 / Vision3 500T 減感現像 (室内と屋外で試す)

ほとんどデジカメ感覚…

Minolta a7と500Tとデータセーバー DS-100

Minolta a7と500Tとデータセーバー DS-100

Minoltaのα-7は高校生の時に祖父に大阪で買ったもらったカメラです。
購入当時はデータセーバー DS-100の存在を知らなかったのですが、少し前に知り最近安価で出品されていたので購入してみました。
とても便利だったのでもっと前に買っておけば良かったと思いました。
α-7本体の時計の設定が狂っていたためちょっぴり混乱することもありましたが、シャッタースピードどF値のデータを見て大体の時間帯の検討はつきます。
遡れば平成12年前後の同級生Nikon F80Sなどにも撮影データ記録機能がついていました。
他にも撮影データが記録できるカメラは色々ありますが、自分の身近にあったMinolta α-7の機能を本当に長い間活用できていなかったのはもったいなかったです。

最低限の設定以外あまりいじる事がないカメラ本体の設定ですが、説明書を時々読み返して更に便利に使えないか、復習する必要がありそうです。
フィルムカメラでも撮影データを気にしてみたり便利機能を活用して楽しても良いのではないでしょうか。
楽ができると体力気力を他の事に割けるのでまた少し変わってくるとも思います。


Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7

Kodak Vision3 500T /5219  1段減感 / 36枚

使用したカメラ:Minolta α-7/
使用したフィルム:Kodak Vision3 500T

Remjet Removal Prebath 3min, Wash 2min,Dev.4min15sec,Wash 1min,Wash 2min,Blix 9min,Wash 6min,Drywel

屋外での撮影

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

ここから室内での撮影

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 Kodak Vision3 500T /5219  1段減感

Vision3のフィルムにはDとつくものとTとつくものがあります。
Dはデーライト光、Tはタングステン光ということで、それぞれ5500Kと3200Kの色温度に合わせてあります。
デーライト用で5500Kだからといって日中の自然光下が常に5500Kの色温度という事はなく、屋外の撮影時においてもタングステン用の3200Kに色温度が近い日や気象条件もあると思います。
色温度については詳しくないのでこれ以上は書けませんが、晴天で10000Kを超える事もあるので一本のフィルムで全てのシチュエーションで使えるという事はなく、奥が深いなぁと実感しています。
デジタルの場合はカメラ側で色温度を設定する事ができますが、フィルムカメラの場合はフィルムの選択やフィルターの使用で対応する事になります。
ただタングステン用フィルムは種類が減ってしまったのと、室内照明がLEDになったので色々ややこしいのが昨今です。

朝夕の太陽光の場合はVisio3の500Tがとてもしっくりくる事がよくあります。
自分の場合は朝夕に散歩する事が多いので意外とタングステン用の500Tを自然光下で撮った方が都合が良いという事が起きるのです。
今回の作例記事のために異なる光の条件下で撮影した写真を選んでみました。
500Tを使い切るのは大変かなぁと購入時は思ったのですが意外と250Dより頻繁に使っています。
今回は減感現像をしたのでその影響も出ています…ややこしい事この上ないのですが、500Tを屋外で使っても楽しめるという事だけでも伝われば幸いです。
ピーカン照りの日に500Tで撮影した写真もあるので、後日掲載予定です。

最後までご覧いただきありがとうございました。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

画伯の雑記 – 2020年8月20日 Minolta α-7 / Eastman Double-X 5222を800に増感 (D-96)

D-96現像液も良い現像液だけれど…

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

8月に入ってからはD-96ではなくXtolでEastman Double-X 5222は現像しています。
(未投稿の現像済みフィルムがあるので、今後数回はまだD-96現像の作例記事を公開する予定です。)

D-96現像液を使ってみてとても楽しむ事ができました。
D-96現像液と合わせてF96定着液も用意したのですが、どちらとも良い結果を得る事ができました。
難点はどちらも入手性が悪い事による経済性の悪さです。
今のところXtolの現像結果を一番気に入っています。
Xtol現像液もどちらかと言えば高価な現像薬剤で市販されているものが5L用のため使い勝手が悪いのですが、ヨドバシカメラから買う事もできますし、補充現像の分かりやすいノウハウが公開されているため一概に不経済な現像液とは言えません。
Vision3におけるECN-2現像にも少し事情が似ていて、ECN-2も割高ですが個人用の容量で現像薬品セットが販売されています。
ECN-2とC-41の両方でVision3のフィルムを現像し、感度がきちんと得られるか、カラーキャストの出方、e.t.c.いろいろな視点から検証してくださっているウェブページもあります。
同様に映画撮影用のフィルムであるEastman Double-X 5222も愛好者が沢山いるので様々な現像液で現像した作例をインターネット上では見かけます。

今回はほぼ2段の増感になりますがなかなか使えます。

百聞は一見に如かず…ご高覧くださいませ。


Minolta α-7 / D-96 自家現像 Eastman Double-X 5222 EI800/ 35枚

使用したカメラ:Minolta α-7/
使用したフィルム:Eastman Double-X 5222

D-96 Stock Dev 17°C 14min41sec, SB 1min , Fix 6min, QW, Photo Flo (同一現像液で8,9,10本目)

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 EI800に増感 /D96自家現像

D-96現像液は粉の状態でまだストックがあるのでまたいずれ現像を再開する予定ですが、10本現像してみて他の現像液に比べ優位性や劣位性が強く出ると言う印象はありませんでした。
D-76の時と同様に液温を下げ攪拌をゆっくりにしたり、今回のように増感をしてみたりと色々楽しめました。
私見ではありますが今回の作例のようにEI800まで増感現像をおこなって、満足のいく結果が得られたので良い現像液であるとも言えます。
室内、屋外、人工灯、強い日差し、様々な条件で撮影しましたが粒状感の悪化やシャドー部ハイライト部を大きく失うという事も目立っては起きませんでした。

400ftで買ってしまったというのも理由ですが、とにかく色々な実験ができるのでEastman Double-X 5222を存分に楽しめています。
とことんモノクロフィルムの撮影と現像を楽しみたい人にお勧めです。

最後までご覧頂きありがとうございました。

画伯


今回使用した現像タンク

パターソンの現像タンクが好きで、PTP117、PTP115(2つ)、PTP116と4つ持っています。
35mmが1本だけ現像できる最小サイズのPTP114というものもあるのですが、実用的なのは35mmが2本現像できるサイズのPTP115くらいからだと思います。
1Lで薬品を作られる方はPTP116、35mmが3本もしくは120が2本のタイプがちょうど良いかもしれません。

こちらも作例を公開している現像液です。

1ヶ月ほど前にMinolta α-7で撮影したEastman Double-X 5222をD-76で現像した作例記事を公開しました。
是非ご覧くださいませ。

画伯の雑記 – 2020年7月23日 Minolta α-7 / Eastman Double-X 5222 (D-76)

上記の物以外にも1Lの物も販売されています。
容器の準備のしやすさや計算が簡単なので1Lの物が見つかるようであればそちらをお勧めします。(1Lの物は2020年5月現在ヨドバシカメラで¥642、65ポイント(10%還元))
友人とシェアできる方はガロンタイプ(3.8L用)の方がお値打ちです、処理本数等に応じて計算して選択してください。