画伯の雑記 – 2021年4月2日 Pen EF / Vision3 シネフィルム各種 (50D 250D 500T ECN-2 自家現像)

天気が良いのでPen EFで。

Pen EF Vision3 Film collection

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 / 500T ECN-2

天気が良い日が続いていたのでPen EFにVision3 50Dを詰めて持ち出しました。
それでも真夏の様にはいかず、少し感度が足りないなと感じる場面もありました。
妥協してフィルム感度設定ダイアルのISO感度を1段ずらし100として数コマ撮影しました。
(シャッタースピードが2速しかないカメラですから割り切りも大切…1/30と1/250)

私見ですが、この様な場合は露出アンダーではなく思い切って増感してしまった方が良い結果が得られる気がしています。
ハーフサイズで80枚近く撮れてしまうので最初の決断が大事ですね…優柔不断は許されません。

今回はハーフサイズカメラのPen EFでVision3 200Tを除くVision3の現行カラーネガフィルムを全て試しました。
やっぱりISO感度が50も250も選べるPen EFで50Dと250Dを試すのは愉快です。(500Tだけ多少露出オーバーになるのかもしれませんが400に設定して撮影しました。)
モノクロのシネフィルム Double-X 5222の作例も過去に公開しているので、そちらが未読の方は是非御一読いただければと思います。

画伯の雑記 – 2020年6月25日 Pen EF / Eastman Double-X 5222 (D-76)

Pen EF / Eastman Double-X 5222 (D-76)
https://broccolipress.jp/efem5222may20


Pen EF Vision 50D 250D 500T ECN-2現像 /ノーマル 作例 合計60枚

使用したカメラ:Pen EF
使用したフィルム:Kodak Vision3 50D Kodak Vision3 250DKodak Vision3 500T
Remjet Removal Presbath 1min, Wash 1min,  Dev. 5min38sec, Wash 1min,Blix 6min, Wash 6min, PhotoFlo 1:250  (41.5°C) (7,8,9)

使用したフィルム:Kodak Vision3 50D 作例20枚

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

Pen EF Vision 50D / ECN-2 自家現像

使用したフィルム:Kodak Vision3 250D 作例20枚

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

Pen EF / 250D / ECN-2 自家現像

使用したフィルム:Kodak Vision3 500T 作例20枚

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

Pen EF / 500T / ECN-2 自家現像

今回は3種類のシネフィルムをPen EFで試しました。
個人的にはVision3 250Dとの組み合わせが一番良かった気がしています。
自分でシャッタースピードをコントロールできないカメラは折衷案的にフィルムのラチチュードの範囲内に収まる様にシャッタースピードを妥協する事があり、仕方がないと言えば仕方がないのですが…
意外と露出が数段ズレたネガというのはわかるものなのだなぁと再認識したのでした。(50Dが少しだけグリーンのカラーキャストが出ていた印象です。)
そもそもPen EFはシャッタースピードが2速しか備わっていません(1/30と1/250)からそこを突っつくのは無粋です。
統合的にPen EFと組み合わせるのであれば250Dが一番余裕があります。

500Tも厳密には少しだけ露出オーバーになっているはずですが、全体的に濃すぎず薄すぎず良いネガでした。

使うたびにあれこれ言っているカメラですが、身軽に外に出られるカメラなので大好きです。
今後もシネフィルムを詰めて撮影していきたいです。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

書籍

画伯の雑記 – 2021年3月28日 Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

ハーフサイズでも増感は楽しめる!?

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像)

結論から先に書きますとハーフサイズでも増感現像は楽しめます。
ただし浅い被写界深度を出したいという場合には不向きです。
Vision3のフィルムは50Dを除き日中の撮影では250Dも500TもPen FTで撮影する場合はなかなか開放で使用するのは難しいかもしれません。(シャッタースピードが1/500までのカメラなので少し足りなくなるのです。)
アンダーよりはオーバーに余裕があるのがネガフィルムですから、Vision3のシネフィルムも例にもれずラティチュードの広さを考慮して1日の撮影スケジュールを考えてみるといいかもしれません。
あえて最初から増感で撮影し手振れのリスクを減らし、撮影枚数の多いハーフサイズカメラでも朝昼晩と撮影に使えると考えれば心に余裕が生まれます。
ボケを活かした写真を撮りたい場合にあえて露出オーバー覚悟で撮影していくのであれば、36枚撮りで80枚前後撮れてしまうハーフサイズでも付き合いやすいでしょう。
今回の作例ですと後半に掲載してある桜の写真などは日中の撮影ですがあまり絞り込まずに撮影した露出オーバーの一枚ですが、普通にスキャンする事ができています。
1段程度の増感では極端にコントラストの変化や粒状感で不利になるという事も無いので、どのVision3のフィルムを選択しても柔軟に撮影できるのではないでしょうか。


使用したカメラ:Pen FT  / FズイコーAUTO S 38mm F1.8
使用したフィルム:Kodak Vision3 250DKodak Vision3 500T 共に1段増感
Remjet Removal Presbath 1min, Wash 1min,  Dev. 10min20sec, Wash 1min,Blix 8min, Wash 6min, PhotoFlo 1:250  (41.5°C) (22,23,24)

使用したフィルム:Kodak Vision3 250D 作例30枚 (1段増感編)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

↑ここまでがVision3 250Dの作例 

使用したフィルム:Kodak Vision3 500T 作例30枚 (1段増感編)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

Pen FT / Vision3 250Dと500T (ECN-2自家現像 1段増感)

今年初めてVision3の500Tで桜を撮影してみたのですが思ったより好みの色が出たので驚いています。
デイライト用のフィルムで桜を撮影した場合に少し黄色っぽく出る事があり、少し違うなと感じていたからです。
タングステン光用のフィルムを日中の撮影で使っているので若干シアンが強かったりはしていますが、隅田川の船とスカイツリーを撮影した1枚などはほぼ正確な色が出ていると思います。
200T以外のKodakから出ている35mmシネフィルムは常時全てストックしています。
今まで色々試してこれたので撮影スケジュールとシチュエーションに合わせフィルムが選べる様になり楽しさが増えてきました。
次回はどのカメラの作例を公開しようかまだ未定です。
桜の撮影が続いるので数が溜まったら公開したいと思っています。

今日も最後までお読みいただきありがとうございました。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

書籍

うめちゃんからの手紙 2021 No.007 十分に頑張った君への感謝の言葉。

うめちゃんからの手紙 2021 No.007

三郎に色々教えるたまえおばちゃん。

うめちゃんからの手紙 2021 No.007

下宿には合計2台の洗濯機があります。
1台は主にはじめおじさんの仕事着を洗うのに使っている高温で洗浄ができるドラム式で、2台目は一般的な縦型全自動洗濯機です。
先日2台目の縦型洗濯機が壊れてしまいヒロシが大慌てしています。
私は叔母の家に下宿していて、私とヒロシを含めると大所帯のため洗濯機1台だけになると大変なストレスです。
ドラム式のものは洗える容量が縦型に比べ4キロほど少なくなります。
洗濯機が壊れたのですがたまえおばちゃんはニコニコしていて、早速新しい洗濯機を嬉々として手配し搬入日も決まりました。
新しくやってくる洗濯機も縦型で、容量も全く同じものでメーカーも全く同じです。
洗濯機が壊れた話を職場の人や常連さん達にもしたのですが、長持ちするパターンもあれば7年前後で壊れる事もあって基本的に壊れてからしか新しい機種を探さないものだし、季節によって値段にあまりに開きがあるもので買うのが難しい家電の一つだと皆さんおっしゃっていました。
たまえおばちゃんが言うには決算期に洗濯機が壊れるのはラッキーな方で、割と値段が落ち着いているタイミングなのだそうです。
同じ製品でも乱高下があり、一旦大幅に値段が下がったと思えば次期モデル発表直前に再度値段が上がるという事もあるそうで、すんなりと安い時に買う!という算段はできないようです。
なので私の下宿にはドラム式が一台すでにある状態で余裕を持ってもう一台洗濯機を選ぶ事ができるので恵まれているとも言えます。

皆が1号機と呼んでいるドイツメーカーの洗濯機、祖母から贈られたもので大変に高性能な物なのですが、高温で洗浄できるのが特徴の洗濯機のため、はじめおじさんの調理服やキッチン周りの物を洗うのに重用しています。
祖母は自分の母親がドイツ出身だったという事もあるのかもしれませんが、機械オタクなところがあり、ドイツメーカーの製品贔屓なところがあります。
私自身も小さな頃イギリスで暮らしていたのでドイツのミーレやAEGであったりイタリアのSMEGの製品のような角ばった無骨な洗濯機には馴染みもあり郷愁のような、日本に居ながらにして欧州にいる気分がして愉快であると思うことはあります。
ドイツ!高性能!高温洗浄!と聞くと良い事ばかりのようにも思えるのですが、洗濯マイスターと呼んでも良いほど洗濯にはこだわりがあるヒロシからするとドラム式と縦型にも得手不得手があるようで、彼はやっぱり縦型が一番だといつも言っています。
私にも思うところがあって、靴にしても住む国の靴会社から選ぶ事が良いように、居住している国のメーカーにしかわかりえない事も多々ある気がしています。
水質もそうですし、生活様式の違い、例えば土足であったりお風呂に入る頻度といったものです。
私は靴マニアなので、イギリスのドレスシューズやアメリカのワークブーツのそれぞれの良さが文化や生活様式の違いから発展し今日まで受け継がれてきたことにロマンを感じたりもしますが、それを踏まえても日本の靴メーカーの強みもあるはずだと感じています。
私の好きなカメラの話でも同様で、ヨーロッパと日本では色温度が異なり、ライカのあるドイツとニコンやキヤノンのある東京では異なります。
晴れた日を例に撮ってみても青には違いありませんが、ヨーロッパの空はスカッと青が強い印象で日本の青空はどちらかというとグラデーション豊かな、それこそ浮世絵のような空であります。

実は2号機の縦型洗濯機は何度かたまえおばちゃんが分解整備し、ギアードモーターと呼ばれる主に排水弁などをコントロールしている部品等を交換し大切に使ってきた物です。
まだたまえおばちゃんが自力治せない事もないようなのですがくたびれて部品も多く、思い切って今回買い直すことにあいなりました。

たまえおばちゃんは真摯に大切に機械に向き合っている人だと思います。
パソコンでも最新のトレンドを追いつつも古いマシンも時々電源入れて具合を見たり、友人のPC-98シリーズのマシンのメンテナンスを請け負ったりもしています。
最近は三郎にも機械修理のノウハウを教えています。
洗濯機も調べれば修理部品を手に入れる事は可能なのだそうですが、それに比べればパソコンの修理は幾分か楽で情報も見つけやすいものなのだそうです。

さよならする前に洗濯機の前で記念撮影もしてしまいました。
人に感謝の気持ちを伝えるのは難しい事もありますが、機械にもきちんと感謝の気持ちを伝えたいです。

うめこ


今日の一枚

Minolta α-7 / Vision3 500T (C-41 増感現像)

Minolta α-7 / Vision3 500T (C-41 増感現像)


今日の一曲


My Little Lover「Hello, Again 〜昔からある場所〜」


今日の一冊