うめちゃんからの手紙 2021 No.009 ある程度は大袈裟なところもあるが概ね事実。

うめちゃんからの手紙 2021 No.009

食後にギターを楽しむうめちゃん達。

うめちゃんからの手紙 2021 No.009

いつかまたコロナが落ち着いたらと前置きをして女将さんが新入社員の麦山さんも連れて社員みんなで会食に行きたいという話を何度もされます。
私やはるちゃんが勤め始めた時もそうでしたが、定期的に他の外食産業を利用したり、デパートのスイーツ等を社員みんなで食べ研究し自社のサービスに活かしていこうという試みです。
反映するしないに関わらず、積極的にトレンドを把握しておくことは大切です。

女将さんの知り合いの方で元々焼き鳥屋さんをやられていた方が突然日本橋でお寿司屋さんを始め、焼き鳥屋は廃業されお寿司さんで成功し店舗を増やされた方がいます。
私たちも何度か利用させていただき学ぶ事が多くがありました。
確か有名なうどんのフランチャイズも元々は焼き鳥屋さんだと聞いた事があります、柔軟性や思い切って違う事にチャレンジしてみるのも悪いことでは無いのでしょう。

お寿司屋さんというのは接待の場で利用される事が多いことから隠語のような独特の数字の数え方があります。
接待するお客様への気遣いで金額であったり飲んだ麦水の本数を悟られないようにするためです。

私が中学生の頃私の父が名古屋で絵の個展を開いたことがありました。
会場近くに立ち飲みの焼き鳥屋があり、父の設営日のあとギャラリーのオーナーさんに連れられて行った思い出があります。
当時はまだ健康増進法も今ほど厳しくなくタバコを吸い終えた客がお店の床にタバコをポイ捨てするというルールでした。
そしてお客さんの飲食したお酒と焼き鳥の本数がチョークでカウンターに直接書かれているというシステムで大変驚いた事を覚えています。
なぜ私が驚いたかというと、私がイギリスで暮らしていた頃、日曜日になると両親とパブまでサンデーローストを食べに行った時にみた光景と瓜二つだったからです。
かなり田舎だったことも関係あるかもしれませんが、当時はまだイギリスでも屋内での喫煙が可能でした。
荒くれ者という感じでもない普通のイギリスの若い女性がタバコを吸い終えると地面に吸い殻を落としブーツで消化していました。
店員さんも別に咎めるでもなく、他の地元客も同様のマナーでした。
そして焼き鳥屋さん同様にカウンターに開けたパイントグラスを積み上げチョークで印が書かれていたのでした。
まるで昔の映画の世界に迷い込んだような体験でした。

私とはるちゃんの職場は創業当初から禁煙を徹底しているカフェです。
当時は逆に全くタバコが吸えないカフェというのがとても珍しかったと常連さん達が皆口を揃えておっしゃいます。
私には想像できませんが、国鉄時代の駅のホームではタバコを吸ってるサラリーマンが普通におり、吸い殻をホームに投げ捨てていたり、さらにはホームに痰壷が置かれていた時代もあったそうです。
私の勤めている会社は元々薬剤師をされていた女将さんと商社マンだったマスターが起業した会社です。
女将さんがおっしゃるには今でいう健康増進法のように当時は結核予防規則というものがあり、公共施設には痰壷の設置が義務付けられていたのだと教えてくださいました。

少し前にまっちゃんが私と江戸時代の終わりにタイムスリップしてしまうという夢を見たと話してくれた事がありました。
夢の中のまっちゃんは私もまっちゃんもある程度お互いの先祖の事を知っているからお互いの先祖のいる京都と大阪をとりあえず目指して助けを求めようと女弥次喜多道中みたく一生懸命日本の昔の街道を歩き旅をするという夢だったそうです。
あまりに面白い夢だったそうで一生懸命時代考証を進め一つの小説として完成させたいとまっちゃんは野心を私に話してくれました。
とても楽しみ。

昔の映画を見ていると日本の風景のはずなのに外国なのではないか?
映画だからと世界観を作り込みすぎなのでは?と思う事があったのですが、少し腑に落ちた気がしました。

うめこ


今日の一枚

Olympus XA / Vision3 250D EI500 / ECN-2

Olympus XA / Vision3 250D EI500 / ECN-2


今日の一曲


中山うり- 風邪薬 / Uri Nakayama – KAZEGUSURI


今日の一冊

うめちゃんからの手紙 2021 No.008 私もまっちゃんに助けられている。

うめちゃんからの手紙 2021 No.008

まっちゃんとぴゅう太くん。

うめちゃんからの手紙 2021 No.008

まっちゃんと久しぶりに美術展にでも行きたいねぇという話題になりました。
コロナ禍前はお菓子やお弁当を持ち寄って上野などにも遊びに出かけていました。
美術鑑賞の後、私が用意した水筒の紅茶を飲みつつ、まっちゃんが焼いてきてくれたクッキーなどを公園のベンチで食べながらその日見た芸術についてあれやこれや語り合うのが私達の楽しみ方でした。

ちょうどコンスタブル展とアートフェア東京があったのでどちらかに2人で行けたらなと思っていたのですが、まっちゃんは出版社の方からのお誘いがありアートフェア東京はご家族と出版社の方と行く事になりました。
まっちゃんは非常に律儀な人なので最初に私と話が出ていたのやから2回観に行っても良いよと言ってくれていたのですが、さすがにそれは気を使いますし、私も職場の人ともアートフェア東京に行こうという話題が出ていたのでお互いの職場や家族の付き合いを尊重し、コンスタブル展を後日2人で行くという算段になりました。

まっちゃんのご両親が勤めている出版社に聾者の女性編集者さんがいて、時々まっちゃんと連れ立ってコーヒーを飲みにきてくださります。(この方とまっちゃんはアートフェア東京を見にいく予定が入ったのです。)
お名前は藤野さんとういう方で、まっちゃん一家同様に大阪出身なのですが、東京本社に転勤になる際に同じく聾者で会社の先輩にあたるまっちゃんのお父様が色々面倒をみた縁でまっちゃん一家とお付き合いがあるそうです。
藤野さんと東京で一番交流があるのもまっちゃんで、引っ越しの際の家電の購入からカーテンの寸法を測るのにもまっちゃんが付き合っていて、家電量販店での見積もりや値引き交渉をしたのもまっちゃんなのだそうです。
高い買い物をする時について行こうか?と提案してくれるまっちゃんのホーミー感が大好きです。
藤野さんもテレビや洗濯機を1人で買いに行くのは難しいし不安な事もあり、店員さんが一番売りたいやつを売りつけられそうだから屈強な意思を持ったまっちゃんがついてきてくれるのは本当にありがたかったとコーヒーを飲みにきてくださるたびに話してくださいます。(まっちゃんの手話越しに)
藤野さんが「本当は1人で上京して寂しさや不便を味わって人間的成長をしなくちゃいけなかったのかもしれないなぁ、まっちゃんに甘えすぎてしまったかなぁ」とおっしゃっていた事がありました。
マスターや他の出版社の常連さん達が「若いうちに苦労しろというのは旧時代的だよ。しなくて良い苦労はしなくても良いんだよ。結局しなきゃいけない苦労は必ず発生するのだから」とおっしゃっていてまっちゃんがケタケタ笑っていたのが印象的でした。

たまたま私の周りには身内やてるこさんをはじめ家電や機械にとても詳しい人が多かったのですが、一般的にはテレビの新規格であったり洗濯機の機能や採寸方法は難しく、詳しい友人がいると心強いようです。
私がお世話になっている美容師さんのお宅でも洗濯機のサイズを測り間違え電気屋さんとトラブルになった事があるとおっしゃっていました。
私はまだ一人暮らしをした事がありませんが、確かに単身大阪から東京に出てきて、いきなり新しく生活の基盤を作れ!となると難しいと思います。
出ていく金額も大きくオロオロしてしまい、しばらくはカーテンもない部屋ですごしお風呂のたびに洗濯物を手洗いして明かりのない部屋で過ごしてしまいそうです。

今はコロナ禍で無理ですが、また平穏な日々が戻ったらはとこのマリーちゃんを誘いコストコにも行きたいです。
大きなスーパーやショッピングモールにはとこを誘うととても喜びます。
私も人から誘っていただくととても嬉しいので積極的に身の回りの人を誘える人になりたいです。
私は積極的に人を誘いたいです。

うめこ


今日の一枚

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / C-41

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / C-41


今日の一曲


Yonige / みたいなこと


今日の一冊

画伯の雑記 – 2021年8月24日 Minolta AF-S Quartz Date / シネフィルム各種試し撮り

ミノルタは裏切らへんなぁ〜

Minolta AF-S Quartz Date

今まで色々な会社のカメラを買ってきましたが過去10年はどこの会社でも不良品を掴む事が多く、純粋にカメラを趣味として楽しめなくなってきていました。
原点回帰というわけではありませんが、では10年以上前はどうだったのか?と振り返ってみると10年以上前に使っていたのはミノルタとオリンパスのカメラでした。
10代や20代の頃は今よりは活動的だったのでカメラを丁寧に扱っていたかというと…恥ずかしながら雑に扱っていたような気がするのですが、それでもミノルタやオリンパスのカメラではトラブルはありませんでした。
少し前までオリンパスのAM-100というフィルムカメラがこのサイトでも大活躍していました。
残念ながらプラスチックの経年劣化は避けられずひび割れも修理の限界を超えてしまいAM-100は現在は引退しています。
そこでAM-100に変わるコンパクトカメラを探していたところMinolta AF-S Quartz Dateに出会ったわけです。
自分が初めて買ってもらったカメラもMinoltaでしたし、縁があるようです。
Minolta AF-S Quartz DateはISO感度が自分で設定できるという願ってもないフィルムを自分で巻いている人間にとって都合の良いカメラだったのです。

Minolta AF-S Quartz Date シネフィルム各種作例

使用したカメラ:Minolta AF-S Quartz Date  Minolta Lens 35mm 1:2.8

モノクロはXtolでカラーネガはECN-2で現像しました。


Eastman Double-X 5222 / 作例 10枚

使用したフィルム:Eastman Double-X 5222
使用した現像液:Xtol

Xtol 1:1 / 18°C 12min12sec, Stop Bath, Fixer F96 6min, Wash 6min, Photo Flo (1:200) 30 sec

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

Minolta AF-S Quartz Date / Eastman Double-X 5222 Xtol

少しずつ引き伸ばし機関連の投資を進めていて、同時進行でモノクロフィルムの撮影本数を増やしていこうと計画しています。
今週もEastman Double-X 5222を3本撮影済みなので時間を見つけて作例を追加していきたいです。

Kodak Vision3 50D / 作例 16枚

Remjet Removal Presoak 30sec, Wash 1min, Dev. 7min42sec, Wash 1min, Blix 7.5min, Wash 6min, Photo Flo1:250 (41.5°C) (22,23,24)

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 50D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Dateが発売されたのが1984年の9月と書かれていたのですが、僕よりも年上のカメラです。よくフィルムは昭和っぽく写るとか80年代90年代っぽく写るとか紹介されている事がありますが…50Dで撮影してスキャンしてみればそんな事はない気もします。最近だと昭和感を出そうと後で無意識に寄せていってる人もいるのではないかと勘繰ってしまいます。

ミノルタの歩み

https://www.kenko-tokina.co.jp/konicaminolta/history/minolta/1980/1984.html

(Minolta AF-S Quartz Dateの別バージョン、ミノルタAF-Sトークマンの紹介ページ)

Kodak Vision3 250D / 作例 10枚

Remjet Removal Presoak 30sec, Wash 1min, Dev. 8min6sec, Wash 1min, Blix 8min, Wash 6min, Photo Flo1:250 (41.5°C) (25,26,27)
Remjet Removal Presoak 30sec, Wash 1min, Dev. 9min, Wash 1min, Blix 8min, Wash 6min, Photo Flo1:250 (41.5°C) (28,29,30)(後半6枚)
現像日の異なる2本が混在

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2

デート機能があるカメラなのでうっかり日付を入れてしまう事があります。うっかりというか知らない間にONになっている事が多々あり、最近ではボタン電池を抜いてデート機能を無効にして使っています。日付と時刻を設定しても振動か電池の緩みなのかわかりませんが1983年1月1日に何度もタイムスリップしてしまうのです…

Kodak Vision3 250D 1段増感現像 / 作例6枚

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 250D / ECN-2 1段増感

Kodak Vision3 500T / 作例8枚

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Minolta AF-S Quartz Date / Vision3 500T / ECN-2

Vision3のフィルムをECN-2で処理したものは何ものにも代え発色の素晴らしさがあり、Minolta AF-S Quartz Dateのように安価で売られているコンパクトカメラでも十分に楽しむ事ができました。
下手をすればフィルムと合わせて買っても写るんですよりも安いMinolta AF-S Quartz Dateなのですが、任意のISO感度に設定できるという事で条件によって自分で露出を調整したり、増感や減感を楽しむ事もできるカメラです。
周辺減光は見られますが、絞り込まれた明るい時間帯の作例を見てみますと十分にシャープでピシッと写っています。
安価なコンパクトカメラでISO感度が設定できるというのは本当にありがたいです。
加えてレンズ部にフィルター用のネジが切ってあるカメラなのでお好みでフィルターを追加したりカッコいいフードをつけて活用することも可能です。
35mm F2.8というレンズもなかなか皆さんの琴線にふれるのではないでしょうか?
プラスチックが多く使われているカメラなので気をつけなければいけない点はありますが、とても良いカメラです、これからガンガン使っていこうと思います。

今回はモノクロはXtolでカラーネガをECN-2で現像しました。
現在は久しぶりにC-41現像に戻していてMinolta AF-S Quartz Dateで撮影したVision3のフィルムもかなりの本数をC-41で処理しました。
いずれはECN-2に戻すつもりでいますが、せっかくの機会なのでC-41処理した作例も後日掲載したいと思っています。

今日は以上です。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク