D-96」タグアーカイブ

画伯の雑記 – 2020年9月12日 Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400(D-96)

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96 / 40枚

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Minolta α7 + Minolta AF 50mm F/1.7 / Kodak Eastman Double-X 5222 EI 200 Xtol 1: 1

学生時代を海外で過ごしたため多くの材料や美術書そして感材を当時利用していたお店から現在も買っています。
利用している多くのお店は実店舗以上にオンラインストアに注力してきたお店のため、今日でも多くの品を以前と変わらずに購入することができます。
ですがコロナの影響は決して小さくなく、送料や納期は以前ほど融通が効かなくなりました。
交渉次第で何とかなっているといった感じで厳密には送料が高騰してしまったため輸出をやめてしまったと連絡してくれた業者もありました。
購入者のこちらが機転を利かせ、色々提案し、向こうに折衷案を返信してもらうのを辛抱強く待つという事も増えました。

その中でもドイツの力強さを物を目の当たりにし、勝手に悔しさと嫉妬心を覚えたりもします。
コロナ禍以前からドイツの物流の強さに頻繁に圧倒されていました。
単純な日用品1つにしてもドイツの小売店の強さたるやすごいものがありました。

フィルムや美術書、画材等もドイツは本当にすごいです。
物流業界の世界ランキングを見てみても日本とアメリカを除くとドイツ、フランス、スイス、オランダといった具合に、ドイツと国境を面する国ばかりです。
ドイツに出張や旅行で行くたびにこんなものまで売っているのかと毎回驚かされていました。
自分が長く暮らしたイギリスにも強い業者はいくつかあったのですが、ブランドプロテクションや配送リストリクションなど制約が多く、本当によく目にする商品であっても発送してくれなかったりということがあり、英語でやりとりできるので楽なのですがもう少しといった感じがします。(あくまでも私見)

Broccoli Pressの記事はかなり隙間産業的といいますか、楽しんでいただける人は限られていると自覚しています。
今日も見にきてくださり本当にありがとうございます。
もしEastman Double-X 5222や自家現像に興味を持たれたのであれば、是非できるうちに試してみてください。
やっぱり思い立ったが吉日なのです。


Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96 / 30枚

使用したカメラ:OLYMPUS XA F・ZUIKO 1:2.8 f=35mm
使用したフィルム:Eastman Double-X 5222

D-96 Stock 20°C 9min45sec, Stop Bath 1min , Fixer 8min,Quick Wash, Photo Flo

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

Olympus XA / Eastman Double-X 5222 EI400 / D-96

自分にとっては絵を描く事や写真に取り組むことは呼吸に近い生命活動の一部でした。
少しずつバランスが崩れ息苦しさを日々感じています。
日常こそが非日常になってしまいました。

インターネットが当たり前になり世界が縮まった感じがしたのは本当に一瞬でした。
おかげで日本の広さ、そして当たり前だった日常の危うさを再認識する機会を得ました。

だからこそ身の回りをもっとたくさん撮りたいと渇望するようになったのかもしれません。

画伯


今回使用した現像タンク

パターソンの現像タンクが好きで、PTP117、PTP115(2つ)、PTP116と4つ持っています。
35mmが1本だけ現像できる最小サイズのPTP114というものもあるのですが、実用的なのは35mmが2本現像できるサイズのPTP115くらいからだと思います。
1Lで薬品を作られる方はPTP116、35mmが3本もしくは120が2本のタイプがちょうど良いかもしれません。

画伯の雑記 – 2020年8月20日 Minolta α-7 / Eastman Double-X 5222 (D-96)

Minolta α-7 / D-96 自家現像 Eastman Double-X 5222 EI250 / 40枚

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222

散歩をしていると、このエリアは誰かとカメラを持って歩く時に来ても良いかもしれないと思う事があります。
休めるような公園がある、公衆トイレがある、コンビニ等で水分補給がしやすいエリアである等が基準です。
歩きたいエリア以外にもこのフィルムとカメラを用意したいな、そんな空想をする事もよくあります。
参加してくれた人が自分でフィルムとカメラを用意し、ゆくゆくは自家現像…という流れに乗るとすればEastman Double-X 5222とD-96の組み合わせは選ばないかもしれません。
中古でよく出るNikonかCanonのカメラとTri-X等の入手性の高いカメラとD-76現像液を選ぶ事でしょう。
でもせっかく興味を持ってくれた人が時間を割いてくれているのであれば、Vision3のフィルムやEastman Double-X 5222のように一般的ではないフィルムを試してもらうのも良いかもしれない…
なんてこともぼんやり考えます。
カメラを持っての散歩…今となっては難しくなってきました。
昔は友人を招いてシルクスクリーン印刷をしたりもしていましたが、厳しい時代です。

コロナの事もそうなのですが、あまりに今年の夏は暑いのでどのみち外出が憚られる状況です。
カメラで撮るのだからと気構えてしまう事が自分は多いのですが、日常を切り取っても良いのです。
ふと自分の日常にも目を向け、どんなものを食べているか、何を読んでいるか、どんなものを作っているかをきちんと写真に撮っておいた方が良いし、それこそが今の状況でも楽しめるカメラの使い方なのではないかとも考えたりします。
意外と日常こそ目を向けず記録に残すのを忘れがち…


Minolta α-7 / D-96 自家現像 Eastman Double-X 5222 EI250 / 40枚

使用したカメラ:Minolta α-7/
使用したフィルム:Eastman Double-X 5222

D-96 Stock Dev 16°C 10min26sec, SB 1min , Fix 6min, QW, Photo Flo (同一現像液で5,6本目)

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

Minolta α-7/ミノルタ AF 50mm F1.7 / Eastman Double-X 5222 /D96自家現像

過去に戻って、今の知識で子供に戻ってという想像は誰でも一度はするのではないでしょうか。
自分も時々するのですが、冷静になってみると学生時代が一番大変な気がしました。
幸いにも小中と冷房が完備された学校だったのですが、大きな天吊り型で強力、自律神経が中学頃から壊れていたのではないかと今となっては思います。
少し話が逸れましたが…学生生活をまた送りたいとは思いませんが昔に戻ってもっともっと日常や家族の写真を撮るように自分に念押ししたいです。
本当にお世話になった家族の中心だった初めての犬、数えるほどしか写真が残っていません。
家族で行ったキャンプの写真だって残っていません。
その時は一瞬を楽しむことや生きることに必死だったのかもしれません。
撮れなかったのは仕方がないのかもしれません。
だから今日からはもう少し日常や家族の写真をもっと撮っていきたいと思うのです。

画伯


今回使用した現像タンク

パターソンの現像タンクが好きで、PTP117、PTP115(2つ)、PTP116と4つ持っています。
35mmが1本だけ現像できる最小サイズのPTP114というものもあるのですが、実用的なのは35mmが2本現像できるサイズのPTP115くらいからだと思います。
1Lで薬品を作られる方はPTP116、35mmが3本もしくは120が2本のタイプがちょうど良いかもしれません。

こちらも作例を公開している現像液です。

1ヶ月ほど前にMinolta α-7で撮影したEastman Double-X 5222をD-76で現像した作例記事を公開しました。
是非ご覧くださいませ。

画伯の雑記 – 2020年7月23日 Minolta α-7 / Eastman Double-X 5222 (D-76)

上記の物以外にも1Lの物も販売されています。
容器の準備のしやすさや計算が簡単なので1Lの物が見つかるようであればそちらをお勧めします。(1Lの物は2020年5月現在ヨドバシカメラで¥642、65ポイント(10%還元))
友人とシェアできる方はガロンタイプ(3.8L用)の方がお値打ちです、処理本数等に応じて計算して選択してください。

画伯の雑記 – 2020年8月10日 オリンパスAM-100とEastman Double-X 5222 D-96で自家現像。

Kodak Eastman Double-X 5222をD96とF96で処理しました。

D-96で一番最初に現像したのはXAで撮影したEastman Double-X 5222の2本ですが、先に今回のAM-100で撮影したEastman Double-X 5222の作例を公開します。
先に撮影済みのXAのフィルムはEI400で撮影し、フジの定着液で処理したものになります。
3,4,5本目からがD96現像液とF96定着液で処理したフィルムになってきます。
自分で書いていても混乱してきますがEI250で撮影するための空パトローネが無かったのでISO感度200の空パトローネにEastman Double-X 5222を詰めて今回は撮影しました。
EI250の現像時間で処理する他のフィルムと同じタンクで今回の作例のフィルムも現像しました。

そのため厳密にはほんのわずかにズレがあります、ご了承ください。
廃液を減らすためであったり、洗浄に使う水の量を減らすために試行錯誤していますが、うまく現像液と定着液のサイクルが噛み合わないことが多いのでどこかでスパッと全ての薬品をまとめて切り替えられたら本当は一番です。


Olympus AM100 / D-96 Eastman Double-X 5222 EI200 / 作例 20枚

使用したカメラ:OLYMPUS AM-100 OLYMPUS LENS 1:3.5 f=35mm
使用したフィルム:Eastman Double-X 5222

D-96 Stock Dev 20°C 7min44sec, Stop Bath, Fixer 8min, Photo Flo (同一現像液で3,4,5本目 EI250のものと同じタンクで処理。)
AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

AM100 / Eastman Double-X 5222 / D96&F96

本来であれば…DXコードを改造して250の物に書き換えて撮影するべきですが面倒臭かったので200で撮影しました。
自分でISO感度を設定できる一眼レフ機やオリンパスXAなどは便利です。
業者が詰め替えて販売しているEastman Double-X 5222もISO200のカラーネガのパトローネに詰められて売られていたりするので、それで良いのでしょう。
僕が持っているカメラでDXコードの撮影枚数設定を読み込んでしまい、自分で詰めたフィルムを使用した場合に36枚までたどり着かずに途中で撮影をやめて巻き戻してしまうものもあります。
コンパクトカメラ等で市販のフィルムを使い場合には便利なDXコードですが、パトローネを再利用したり増感減感等少し変わったことをしようと思うと途端に不便になります。
撮影済みの空パトローネをISO感度別にZIPロック袋に分けて保管していますがどうしても人気の感度があるのか偏ってきます。
今日もお読み頂きありがとうございました。

画伯


今回使用した現像タンク

パターソンの現像タンクが好きで、PTP117、PTP115(2つ)、PTP116と4つ持っています。
35mmが1本だけ現像できる最小サイズのPTP114というものもあるのですが、実用的なのは35mmが2本現像できるサイズのPTP115くらいからだと思います。
1Lで薬品を作られる方はPTP116、35mmが3本もしくは120が2本のタイプがちょうど良いかもしれません。