フィルム」タグアーカイブ

画伯の雑記 – 2020年12月6日 Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500Tと250D(減感現像)

MINOLTA AF ZOOM 24-50mm F4

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 500T /5219  

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 500T /5219

今回は祖父からもらったAF ZOOM 24-50mm F4をVision3のフィルム2種と組み合わせてみました。
開放F値がF4からのレンズなのでもう少し光の強い季節に持ち出し試してあげたかったなぁといまさら後悔しています。
開放と絞り込んだ状態、多種多様なフィルムと条件下で試してあげないと可哀想だなぁとも思います。
このレンズを使い始めたのはまだ先月末からなので、使いこなしていくには時間がかかることでしょう。
日が短くなりましたができるだけ使っていこうと思いますよ。


Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4とVision3のフィルム2種

使用したカメラ:Minolta α-7/ AF ZOOM 24-50mm F4
使用したフィルム:Kodak Vision3 500T
使用したフィルム:Kodak Vision3 250D

Remjet Removal Prebath 1min, Wash 1min, Dev. 4min,Wash 1min,Blix 9min, Wash 8min, Photo Flo (38.5°C) (18,19,20)

Kodak Vision3 500T /5219  / 1段減感現像 10枚

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 500T (1段減感現像)

Kodak Vision3 250D /5207  / 1段減感現像 15枚

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7 + AF ZOOM 24-50mm F4 / Vision3 250D (1段減感現像)

Minolta α-7は露出計がとにかく頼りになるとても良いカメラです。
Vision3のフィルム、増感や減感をする時には本当にありがたいです。
今年はまだ終わっていませんがフィルム40本分くらい2020年は撮影していたようです。
Minolta α-7でEastman Double-X 5222を少し前に撮っていたのですが本数がまとまらないので、現像と掲載は来年になりそうです。
おそらくMinolta α-7のカラーネガの記事は本記事が年内最後でしょう。(時間があればモノクロの作例を追加したいです。)
年末になってからAF ZOOM 24-50mm F4を使い始めてしまいましたが、来年はもっと使ってあげようと思います。

前後してしまいますが未投稿のままのOlympus XAの作例も溜まっているので後日更新したいと思います。

週末に頑張ります。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

画伯の雑記 – 2020年12月3日 Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Vision3 500Tと250Dで迷う。

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Vision3 500T

Minolta α-7 / 250Dか500Tか。

とてもありがたい事にVision3には200Tと500Tというタングステン光用シネフィルムが現在でも販売されています。
タングステン光用のフィルムを日常的に使うようになり、色温度や時間帯、光についてより意識するようになりました。
さらに迷うのがVision3 500Tを1段減感現像した結果がとても素晴らしく気に入ってしまい、デイライト用の250Dと迷う事が出てきました。
250Dも大変素晴らしいフィルムで500Tとどちらを持ち出せばいいか、今の季節は迷います。
10月頃まででしたら250Dなのかもしれません。
日が落ちるのが早くなった今は500Tの万能感に助けられている気がします。
500Tを持って出かけ、思ったより明るければ減感しても良い、早く暗くなってしまった時なんかは増感して1000として使う。
とても楽しいです。
最初期に懸念していた真っ青に写ってしまうのではないか?という不安もあったのですが、意外とそこまで真っ青になるような色温度の光源下で自分は撮影していませんでした。
現状では寒い間は500T、冬から春にかけて確保できれば200T、春から夏にかけて50Dと250Dを使っていこうかなぁなんて考えています。

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8

使用したカメラ:Minolta α-7/ aus Jena DDR T 50mm F2.8
使用したフィルム:Kodak Vision3 500T
使用したフィルム:Kodak Vision3 250D

Remjet Removal Prebath 1min, Wash 1min,  Dev. 4min50sec,Wash 1min,Blix 9min, Wash 8min, Photo Flo  (38.5°C)  (16,17,18)

Kodak Vision3 500T /5219  / 2枚

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 500T /5219  

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 500T /5219  

Kodak Vision3 250D /5207  / 18枚

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207  

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Minolta α-7 + aus Jena DDR T 50mm F2.8 / Kodak Vision3 250D/5207

Lightroom上で見ているとこのレンズの個性、他のレンズとのボケ具合の違いは分かりやすく顕著なのですがWeb用にリサイズして掲載してしまうとわかりにくくなってしまいますね…
今回久しぶりにこのレンズを使ってみて50mmのF2.8でも結構ボケるんだなぁと改めて思いました。
高級ズームレンズだと通しでF2.8なのが売りだったりしますが、単焦点レンズばかり使っているとF1.4だったりF2が多く、それに慣れていた気がします。
かねがねVision3の50Dと明るい単焦点のレンズを組み合わせて常用したいなぁという野望のようなものがありましたが、少し前からVision3の500Tにも親しみを覚え明るいレンズ以外でも楽しめるしなぁとふんわりしてきました。
Vision3のフィルムだと特にそうなのですが、ラチチュードの広いフィルムや眠めのネガの場合にコントラストが解像度やボケ具合の認識に少なからず影響がある気がします。
500Tの場合も現像しスキャンした未編集の状態だとあまり青さが目立たずタングステン光用といった雰囲気が影を潜めている感じがします。
このコントラスト調整がとても難しいなぁと実感しています。
デジタルカメラのコントラストに近い雰囲気まで編集していくと確かにタングステン用だと感じる色合いになりますしパキッとした印象の写真にも仕上がり未編集のものより解像度があるレンズのようにも見えてきます。
錯覚のような。
細かな編集の匙加減で印象が引っ張られるという感じでしょうか。
ちょっとぼんやりとしたまとまりのない感じになってしまいましたが、最後までご覧いただきありがとうございました。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

画伯の雑記 – 2020年11月30日 Olympus XA / Vision3 500T ノーマル現像と減感現像。

前世は忍びの者かもしれないが、それでも見つかるときは見つかるのだ。

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /

Minolta α-7 / MINOLTA AF 50mm F1.7 / 500T 1段減感

「友達3人辿れば誰とでも繋がる。」6人だったり、3.5人だったりと人数が異なることはありますが、人を辿れば地球上誰とでも繋がっているという説で、SNSや物流の変化で過去よりも隔たりが縮まったとも言われています。
半分事実で半分はそうでも無いなという実感があります。
ありきたりですがやっぱり世間は狭い。
このブログを読んでくれているあなたの知り合いの知り合いの知り合いの知り合いくらいには僕がいる事でしょう。

自分の存在感の無さには不思議な自信のような物があります。
大学で少なくとも3年は接していた後輩から4年目にまさかの名前も出身地も間違えて覚えられていた事が分かった事もありました。
でも人の名前を間違え続ける人というのは意外といる物で、純粋に僕の存在感とは関係ないかもしれません。
都内のバス停で元同級生の目の前に立って居たのに気づかれない事もありました。
密に接して居た人達でも少し期間が開くと忘れられてしまうのかもしれません。
コロナ禍の今ですから、マスク着用も相俟って色々な事が朧げです。

ただアーティストやフォトグラファーの友人知人は僕によく気づいてくれているようで、出会えば声をかけてくれます。
観察をするのも仕事の彼らですから、当たり前なのかもしれませんが、僕のような存在感が希薄である事にかけてはプロな人間に気がつけるのだから大した友人達だと感謝するしかありません。

僕も今日も明日もカメラを携え細かな変化や、移ろいに気づいて日々を過ごしていきたい物です。


Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 作例 合計 40枚

使用したカメラ:OLYMPUS XA F・ZUIKO 1:2.8 f=35mm
使用したフィルム:Kodak Vision3 500T

ノーマル現像

Vision3 500T /5219 / Remjet Removal Prebath 1min, Wash 1min, Dev. 4min50sec,Wash 1min,Blix 9min, Wash 8min, Photo Flo (38.5°C)

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219

1段減感現像

Vision3 500T /5219 EI250 / Remjet Removal Prebath 1min, Wash 1min, Dev. 4min,Wash 1min,Blix 9min, Wash 8min, Photo Flo (38.5°C)

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

Olympus XA / Kodak Vision3 500T /5219 / 1段減感現像

少し目線を変えてみるとおかしいと思える事が街には潜みながらも溢れています。
そんなもんかと気に留めるのをやめてしまえば視界にも入らなくなってしまう繊細な被写体だったり、存在すら忘れてしまう儚げな存在です。
自分がきちんと気づけているかの指標になるのが散歩に持ち出しているOlympus XAで撮影した写真かもしれません。

Olympus XAは不満をたらたら述べながらも日々持ち出しているカメラで、一緒にいろいろな物を見てきました。
色々なフィルムを通してきましたが、どんなフィルムでとってもやっぱりこのカメラで撮ったなとわかる写真がいつも撮れてしまいます。
良いのか悪いのか、わかりかねますが、それがこのカメラの個性なのでしょう。
今年は絵筆よりカメラを持ち出す事が多いですが、絵も続けています。

大変な一年ですが、しばらく辛抱強くやっていこうと思います。

画伯


手軽に試してみるなら…

自家現像でVision3を処理するお供に

今回使用した現像タンク

書籍